INTERIOR
CORDINATEあなたらしいテイストをつくる

インテリアをトータルにプロデュースします

インテリアコーディネーターが
理想の空間をプロデュース。

家をつくるなら、好みの色や素材を使い、自分たちのライフスタイルや趣味に合った空間で過ごしたいと誰もが思います。そんな夢を叶えるのが、インテリアコーディネーターです。建築と内装全般について専門的で幅広い知識を持ち、空間全体の雰囲気づくり、床、壁、天井といった内装、家具やカーテン、照明などについて提案し、インテリアをトータルにプロデュースします。いわば心地良い空間を彩るスペシャリストです。サンプロのインテリアコーディネーターは、設計士により家づくりの本体プランが出来上がり始めた段階から、仕事を始めるのが特徴です。早い段階から関われば、それだけ完成度の高いインテリアに仕上がるからです。そして、時には間取りも含め設計分野にも踏み込んで、そのお宅のコーディネートをしていきます。

  • インテリアコーディネート
  • インテリアコーディネーターが選んだ家具
saunproのインテリアコーディネート

「好きなもの」から
イメージプランを一緒につくる。

仕事の第一歩はヒアリングです。お客様の家族構成やライフスタイル、趣味、予算等をお伺いしその要望を把握します。とはいえ、最初から具体的で明確なイメージをもっているお客様は少ないですから、まずは好きな色やブランド、家具、食器などを伺ったり、クリップしていただいたりして、その方にとっての「好き」なテイストを探ります。打ち合わせの際は、お客様やお子様がよく着ている服の色、素材感、持ち物など観察して、好みを確かめていくときもあります。
そうして集めた「好きなもの」を分析し、サンプロの施工事例もたくさんご覧いただきながら、プランニングの的を少しずつ絞っていきます。まずは、ジャパニーズ、ナチュラル、モダン、シックの4タイプくらいに分類し、そこからお客様がお求めのスタイル、テイストのイメージを固めていきます。
かと言って、すでにあるスタイルに強引に押し込むようなことはしません。心地良い空間で暮らしたいとの想いは同じでも、心地良さの感覚は人それぞれ違うからです。例えば、空間を見せる上でとても重要な照明計画では、インテリアコーディネーターはその家の住人になったつもりで、一日の初めから終わりを想像し、どこにどんな照明があるべきか、それは間接照明かダウンライトかペンダントか、スイッチはどこへ配置すべきかなどを入念にシミュレーションします。
最終的なイメージプランが出来たら、それに沿って素材合わせや色合わせを行い、常にトータルバランスを意識しながら、ピースを地道に積み上げていきます。商品のセレクトのとき、イメージに合うものがカタログになければ、お客様と一緒にゼロから探します。描いたイメージプランを完成させるためには、タイルの目地の色や金物1個の色にも妥協することはありません。お客様のためにいいものをつくりたいとの強い思いがあるからです。
でも、その方らしい空間を完成させる最後の1ピースは、お客様にお任せします。ずっと描いてきたイメージプランが本当の意味で完成するのは、その家での生活が実際に始まった後だからです。家はお客様の暮らしが始まって100%になる。だから、コーディネーターとしての仕事は、100%よりほんのわずかだけ割り引く。それが腕の見せ所です。

ホーム > デザイン > インテリアコーディネート