数値で見る性能

サンプロ建築設計が提供するのは、先進基準の高気密高断熱住宅。 気密・断熱・換気の性能向上を追求し、光熱費を抑えながら、冬は暖かく、夏は涼しくお住まいいただけます。

近年の住宅業界では、根拠がないまま高気密高断熱を謳うハウスメーカーや工務店で溢れています。 サンプロ建築設計はエビデンス(性能の裏付けデータ)をとることで、性能確保の精度を更に高めます。 全棟で熱損失計算を行い、工事中には全棟で気密測定を実施。 設計士がお客様にお約束した住宅性能を、確実に満たしていることをチェックし、ご報告しております。

お客様にご協力を頂き、実際に1年間お住まいになった際の室温環境や光熱費の調査も数多く行っています。 建築予定のお近くのエリアでの実績値を確かめてみて下さい。

冬のトップシーズンに2万円以内で平均22℃の家

松本の中心地にほど近い場所にある木造2階建ての注文住宅。 子供との生活を考えて、随所に子供のための収納やスペースを設けたナチュラルテイストな室内。 ご主人の設備や性能に対するこだわりでゼロエネを実現されました。

<施工地> 松本市 <ご家族> 4人 (ご主人・奥様・お子様2名) <データ> 太陽光発電、パネルヒーター、エアコン、熱換気システム

【仕様:ゼロエネ住宅】

・延べ床面積:121.31㎡(36.69坪) ・第一種換気(三菱熱交換換気システム) ・樹脂サッシ、オール電化仕様 ・暖房機器:1F・パネルヒーター5台、エアコン1台(10帖用)       2F・エアコン1台(18帖用) ・冬期室内温度24℃設定 ・断熱材:セルロースファイバー  (天井:厚175㎜、壁:105㎜) ・構造材:木曽檜+杉 ・太陽光発電システム 三菱単結晶 5.08kw搭載

 
数値で見る性能 C値

C値= 0.4

数値で見る性能 UA値

UA値= 0.4

数値で見る性能 実測電気代
基本はパネルヒーターを運転させ、2Fホールを使用する場合は2Fのエアコンを使用。 夏場は暑い日のみ1Fダイニングのエアコンを使用しました。
7月~12月は、寒暖差が大きい地域でありながら、緩やかな金額増となっています。 最低気温が氷点下になる12月でも増大しないのは、建物性能が高い証拠です。
1月~3月にかけての厳冬期に、電気代が高いと言われるパネルヒーターで、2万円を切るのは驚きです。
 

冬期の電気代比較

  • 当建物

    年間80,000円

    11月 8,000円
    12月 10,000円
    1月 11,000円
    2月 9,000円
  • 一般的な住宅

    年間260,000円

    11月 16,000円
    12月 20,000円
    1月 22,000円
    2月 18,000円

詳しい電気料金はこちら

温度・湿度測定結果

2014年7月から11ヶ月の間、 1Fリビング・2Fホール・屋外で温度・湿度測定をしていただきました。

● 年間測定グラフ(2014.7~2015.5)

リビング、2Fホールの温度が年間平均20℃~22℃で保たれ、1F・2Fの差が少ない過ごしやすい室内になっています。

 

● 夏期測定グラフ

7/30 の14:00(2016年松本市が一番暑かった夏の午後)

外気温 38.6℃
室温 27.8℃

温度差10.8℃

外気温が朝晩で15℃程度違うのに対して、室内は3℃前後の差しかない体に優しい室内環境です。

 

● 冬期測定グラフ

2/2 の5:00(2016年松本市が一番寒かった冬の朝)

外気温 -16.2℃
室温 19.3℃

温度差35.5℃

室内は暖房をつけない2Fでも15℃以上。リビングは20℃をほとんど下回らない快適空過。

まとめ
国が定める標準的な住宅と比べ116%(理論値)のエネルギーを削減しています。(一般家庭が払う光熱費を払わず、さらにお小遣いをもらっているようなものです)太陽光パネルを多く載せればどんな住宅でもゼロエネ住宅にはなりますが、今回の住宅は約70%を建物の性能UPで削減しています。壊れる可能性のある設備に頼らないゼロエネ住宅とHEMSによる見える化で、これから更なる黒字化を望める住宅を実現しています。