デザイン性と快適さに富む こだわり抜いた心地よい家

デザイン性と快適さに富む こだわり抜いた心地よい家 松本市/M様邸/家族構成:2人

連なる水平ラインが印象的な、洗練デザインのスタイリッシュな外観。南側が道路に面する立地のため、塀やフェンスで外からの視線をカットしつつ、開口部の配置やリビング前の坪庭などで開放感を損なわないように工夫されている

Story

利便性の高い回遊動線と
パッシブデザインにより
将来を見据えた快適な住まい

巧みに配置された窓から注ぐ陽光が家全体を明るく包むM邸。「道路沿いの立地ですが、『カーテンを使わない生活を送りたい』という希望を叶えてもらえました」とご夫妻は嬉しそうに迎えてくれた。
道路拡張工事による建て替えを考え始めたのは3年前。サンプロのモデルハウスに足を運び、そのデザイン性の高さに惹かれて同社へ依頼。「驚くぐらい理想通りのデザイン。まさにひと目惚れでした」と当時を振り返る奥さま。「以前のも設計士による注文住宅だったので、希望を叶えるには自由設計じゃないと難しいと思っていました」とはご主人の談。完全自由設計、かつデザイン性にも富む同社の住まいは、運命の出会いだった。
M邸でまず目を引くのが、LDKでひときわ存在感を放つアイランドキッチン。1階はそのキッチンを中心に水回りや寝室もレイアウトされ、年齢を重ねてからのことも考えて各スペースからLDKへぐるっと一周できる回遊式の動線になっている。その動線をさらに快適にするのが、どこにいても温度差を感じない室内環境の良さ。断熱材やサッシはもちろん高気密・高断熱仕様。加えて窓の配置やテラス上部の電動オーニングなど、季節で異なる太陽の位置や風通しを考慮したパッシブデザインにより、自然の恵みを活用して住環境を整える工夫がされている。「真冬でも床下エアコン一台のみで快適でした」とにこやかに教えてくれた。
快適な住環境の中、好きなデザインとアイテムに囲まれ暮らす日々。ご夫妻の笑顔の絶えない毎日は、これからも続いていく。

左:リビングの南面には、ソファに座りながら庭を眺められる大きな掃き出し窓が。「よりクリアに外の景色を眺めたい」と、左側はFIX窓になっている/右:「大きくて使い勝手が良いものを」と選んだキッチンは、間接照明の効果も相まって家具のような美しさ。背面のカップボードはウッドワン製。小柄な奥さまの身長に合わせ、高さを低めに

吹き抜け上部の窓から注ぐ太陽の光とスケルトンの階段が開放感を演出するリビングは、珪藻土の塗り壁とダメージ加工のオークの床が調和する美空間

左:ダイニングは日当たりの良いキッチン南側に。ダイニングテーブルは、長年使い込まれた思い出の「裁ち台」をリメイク/右:アイランドの作業台はスペースが広いうえ、「多人数でも使いやすくて便利」と奥さま

左:寝室は道路のある南側にあるため、視線が気にならない高窓に。1階リビング脇にあり水回りにも近いため、年を重ねても使いやすい/右:2階ホールの吹き抜け側には造り付けのカウンターデスクが。1階の気配を感じつつも集中できる、ご主人の書斎的スペース

左:玄関側からテラスの坪庭へ続く通路。まるで森の小径のような植栽が素敵/右:丸い小窓と障子は、2階和室の小粋なアクセント

左:LDK東側にある、家事スペース兼愛犬モモちゃんの部屋。電動昇降の物干しや作業台、サッと服が掛けられるハンガーパイプも備えた/右:2階の和室の丸窓から見た、吹き抜け越しのLDK。風合い豊かな珪藻土の塗り壁にグリーンが映える

2階ホールはプライベートなセカンドリビング風。「娘たちが遊びに来た時に使えるように」とミニキッチンも備えた

左:大きな洗面台に大容量の収納など、機能面にもこだわったサニタリー。手前側はWIC、奥に寝室が続き、リビングへもつながるスムーズな動線/右:ミニベンチ付きの玄関は、天井まで届く大容量の収納でいつもスッキリ。雑多なものをしまえる納戸も併設

Plan & Data

敷地面積
約52.6坪
延床面積
111.08㎡(33.60坪)
1F面積
82.93㎡(25.08坪)
2F面積
28.15㎡(8.51坪)

著作権について
このページに記載されている記事本文、写真等は「ナガノの家」VOL.15より転載しています。
こちらの情報の著作権は、株式会社長野こまちに帰属します。

VIEW ALL
ホーム > デザイン性と快適さに富む こだわり抜いた心地よい家