クオリティ> 自然素材 | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所

クオリティ

安心して暮らせる家 - 自然素材 -

現在、あらゆる分野でグローバル化やハイテク化が進んでいますが、
もともと住宅は、世界中でその土地ごとの気候風土に合うように作られ、
進化してきました。
日本は地震が非常に多い国であるため、まず住宅には耐震性が求められます。
また高温多湿の気候のなかで家を長持ちさせ、
四季を通して快適に暮らす工夫が必要です。
そんな日本の気候風土で私たちがお手本とするのは、日本の伝統的な民家です。
かつての日本家屋には、健康的な生活を送るための数々のヒントが秘められています。
昔の日本家屋に使われていた素材は木材、石、葦、土などの天然素材で、
適度な調湿機能をもち、室内環境を常に新鮮に保つことができました。
それぞれの素材はゆるやかに呼吸し、蓄えられた湿気は外部に放湿され、
逆に外部の湿気を壁内に蓄えて必要に応じて少しずつ室内に放湿します。
ハイテクな機械による制御ではなく、自然の作用によって「ちょうどいい」心地良さを実現していたのです。
サンプロがご提案する「自然素材でつくる家」は、

・無垢素材を使った「伝統の技術」
・耐震・断熱性能を向上させるための「最新の技術」
・洗練されたデザインの「上質な住まい」

これらを融合したあなただけの特別な住まいです。
そして古来の家づくりのように親から子へ、そして孫へと代々引き継ぐ
ことのできる高耐久な家を実現しています。

住む人にもやさしい長持ちする家
構造材 -木の強さ-
木は「2度生きる」という言葉があります。芽生えてから伐採されるまでが“一度目の生”。伐採された後、材木として始まるのが“二度目の生”です。木は、一度目の生となる樹齢以上の年月を経ると、強度が増し建材として成長を続けることがわかっています。これは人工的につくられた素材とは違う、無垢材のすごいところです。
構造材として古くから木材が利用されているのは、ただ強度が優れているからというわけではなく、圧縮・引っ張り・曲げの3つの強さが決め手になっています。実際に、3つの強さを計った実験でも、木はコンクリートや鉄と比べて数倍から数百倍の強度があることがわかっています。
内装材 -木の優しさ・心地よさ-
無垢材の家は、一歩入ると、心地良い木の香りがします。無垢の木の香りには癒し・アロマテラピーのような効果があります。これは、木に含まれる「フィトンチッド」という香成分に抗菌・殺菌や鎮痛などの鎮静作用があり、心身に優しく働きかけリフレッシュ&リラックスさせる効能があるからです。言葉で書くとわかりにくいですが、その空間にいれば誰もが感じられると思います。また木はセルロースやリグニンという成分で構成されています。これらは水分を吸収したり放出したりする働きをもち、部屋の湿度を調節する機能をもっています。
人にも地球にもやさしい素材
断熱材 -セルロースファイバー-
セルロースファイバーとは、天然の木質繊維のことです。回収された新聞古紙を主原料に防燃・撥水性能を付加しています。木質繊維特有の吸放湿性で、適度な湿度を保ちます。自然の恵みが私たちに快適な暮らしをもたらしてくれる、まさに天然の力です。
呼吸する壁材 -珪藻土-
800万年前の植物性プランクトン(珪藻)が、長年にわたり海底や湖底に堆積して化石化したもので、昔から火に強い土として七輪、コンロ、耐火断熱レンガの原料、また現在はビールのろ過材として使用 されています。主成分はガラスと同じSiO2で、平均粒径0.05mmの珪藻の遺骸に無数の孔があり、その孔の内部に炭や活性炭と同じような細かい孔があいている超多孔質の鉱物です。旺盛な吸・放湿性を持ち、珪藻土の壁は室内の空気を調整してくれます。
健康塗料 -リボス-
自然健康塗料リボスは、アマニ油などの天然植物油・天然蜂蜜ワックスの原料を中心に、有害なVOCを全く含まない安全性の高い塗料です。自然塗料は浸透性の為、表面に塗膜を形成しないので「木」本来の優れた特性を最大限活かすことのできる塗料です。水をはじき、耐候性があり、深く浸透し、酸素透過性を有しているので、天然の木目を引き立ててくれます。幼児木材玩具としての安全性についても規格(DIN EN71Part3)に合格している信頼ある塗料を標準採用しています。
土に還る壁紙
長く付き合っても、飽くことない表情はインテリア空間を本当の安らぎで満たします。織物、珪藻土、漆喰、和紙 etc.自然の育んだ個性豊かなサーフェスたちが、住む人を心から和ませてくれます。土に還る、環境負荷の少ない素材だから、家の中でも自然と一緒に呼吸できる、人にも地球にもやさしい壁紙です。
マテリアル

お客様の個性を引き立て、より洗練された空間に仕上げてくれるマテリアル。
細部にまでこだわることで、思い描いていた理想の家と暮らしが完成します。
ここに掲載したものは一部ですが、サンプロでは、自分らしい家づくりを大切にされるお客さまにこだわりのマテリアルを数々ご用意しています。

カラフルな色畳
「畳」と言うと畳表にい草を用いたものが代表的ですが、畳の概念にとらわれないカラフルな和紙の畳も人気です。和紙の畳はカラーバリエーションが豊富で目の細かさや織目、縁の有り無し、サイズなどによっても多彩な表現で和室をオシャレな空間に仕上げることができます。好みの色を組み合わせたり、1色でも織目の向きを変えて敷くだけで印象が変わります。い草の風合いはそのままに、変色しづらく耐久性にも優れているのでお手入れもラク。
本格的な和室をお考えならい草の香りに包まれる昔ながらの畳、和モダンなお部屋なら好みの色を敷き詰めた和紙の畳などお部屋のテイストに合わせて畳の素材から選ぶこともオススメです。
愛され続ける
アンティークガラス
光を操り、やわらかさやあたたかさを演出してくれるガラス。数え切れないほどの種類がある中で、大正時代から続くチェッカーガラスや重厚感のあるフランスガラスなど、現在もなお愛され続けているのがアンティークガラスです。アンティークならではの時代の経過と共に作られた細かなキズも自然の風合いとして素敵な雰囲気を作り出します。
現在、チェッカーガラスなど国内では生産中止のため入手が難しくなっていますが、根強い人気もあり最近では若手デザイナーがデザイン性を追求して製作したアンティークガラスもあります。
光を取り入れる機能としてだけではなく、ガラスもインテリアの一部として窓、扉、壁に効果的に取り入れてみてはいかがでしょうか?
伝統を受け継ぐ
素焼きの瓦
あまり知られていませんが、実は天然素材の瓦。自然の粘土を原料に、昔ながらの窯で焼き上げて製造されます。サンプロでは、瓦の三大産地「三州・石州・淡路」のうちの一つである三州瓦を用いています。(洋瓦をご希望の方には洋瓦のご用意もあります)
以前は重く割れやすかったため違う建材を仕様される方もいましたが、現在では改良が繰り返され軽くて丈夫なものになっています。三州で採れる良質な土から高い技術で作られる瓦は、日本の屋根に良く合い、100年以上持つと言われています。屋根は雨風から家を守るだけでなく外観を決める大きな要素です。素焼きならではの素材感を楽しんだり、何色かを混ぜて葺く好評のミックス葺きなど葺き方にひと工夫を凝らすだけでも、他のお家とは一味違う外観になりますよ。
天然素材100%の
珪藻土と漆喰
自然素材にこだわるサンプロでは、天然素材100%の住む人と同じように呼吸する壁材を使用します。
日本の伝統的な壁仕上げ材の珪藻土と漆喰は、湿気をよく吸収し、通気性に優れカビ・ダニを死滅させ有害物質を吸着するまさに日本の気候に最適な壁です。
日本の伝統的な壁仕上げ材にこだわりを持つ職人によって大切に受け継がれてきた天然素材100%の壁が、家族みんなが暮らしやすい安心な空間を与えてくれます。
さりげない輝きを放つ
天然石タイル
自然から育まれた独特の風合いと色彩が魅力の天然石タイル。硬質で耐久性に富む石、石英や水晶が混ざった美しい石、多孔質で調湿性や断熱性に優れた石など成分や産出される場所によりストーンごと特徴があります。
天然石ならではの美しさと特性を活かしてバスルームやキッチンの水廻り、アプローチや玄関フロアなど最適な場所に取り入れると住空間がより印象的に演出されます。
サンプロスタイルスタジオでも見本のご用意があり、実際のモデルルームでも使用しているのでぜひご覧になってみてください。
光が包み込む
シャンデリア
複数のランプを光源として、直接光や屈折光などによって華やかで魅力的な雰囲気を作り出すシャンデリア。一昔前は豪華なイメージが強かったシャンデリアも、最近では日常に取り入れやすいデザインのものが主流となってきています。
リビングやダイニングにアンティーク調のシャンデリア、玄関や廊下、トイレなどの小空間にミニシャンデリアといったように、お部屋の印象を決める重要なインテリアのひとつであるライトを大人かっこいい・かわいいシャンデリアで上手に空間演出してみてはいかがでしょうか?
アンティーク風
陶器スイッチ
いつの間にかあたりまえに壁の一部になってしまっている照明スイッチ。
せっかく壁やインテリアにこだわるなら、スイッチもお部屋のテイストにあったものを選んで使い分けることがオススメです。市販のスイッチとは違い、温かみがありオシャレなアンティークスイッチ。
ナチュラルカントリーなお家だけでなく、自然素材の珪藻土や漆喰の壁とも自然に調和しながらアンティークスイッチならではの良さが引き立ちます。
スイッチを変えるだけで、お部屋のイメージが変わりますよ。
150年物の
アンティークレンガ
アンティーク〝風〟やアンティーク〝調〟とは違い、本物のアンティークレンガから醸し出される奥深い味わいと風合いは格別です。
実際に、サンプロのお客さまで予てから憧れていた暖炉スペースにイギリスの築後150年程前の建物を解体した時に出てきたレンガを贅沢に積み上げました。
歴史と重みが詰まっているレンガの重厚感は、圧倒的なボリュームで本物ならではの味が感じられます。
こだわりたい場所にとことんこだわります。
オーガニックの
黒板
子供の頃に誰でも一度は夢に描いたことのあるお絵描きし放題の壁。 そんな夢を叶えたいというお客様に好評なのが、オーガニックの黒板です。天然素材を使用しているので安心・安全。
お子様の落書きスペースとしてだけではなく毎日の連絡やメッセージ、カラーも全部で16色あるので、好きな色を塗ればお部屋のアクセントになります。
ほかにも自分の好きなイラストと時刻を書いて時計を付ければオリジナルの壁時計など、お客様のアイディア次第で自由な表現ができる魅力的な黒板です。
サンプロの塗り壁は高い耐久性と美観維持性能を備えたハイブリッド外壁です。
メンテナンス性

現在、ハウスメーカーや地元の工務店の大半はサイディングの外壁ですが、
サンプロの「自然素材でつくる家」の外壁仕様は全面「塗り壁」です。
それは、見た目上の大きな特徴でもあり、
私たちが目指す快適性能にとって欠かせない素材だからです。
ただ、ひとくちに「塗り壁」といっても、
何を「塗る」かによって見た目も機能も全然違います。
塗り壁には漆喰、火山灰を使ったものなどいろいろありますが、
外壁材として大切なことは、
・雨・風・太陽の紫外線などの外部環境から家を守ること
・耐久性があること
・外観上のデザイン性
です。

しかし、塗り壁は
・性質上、必ずひび割れするため、雨が侵入する心配がつきまとう
・汚れやすく、落としにくい
・耐久性に難あり
と、外壁材として致命的な欠点を持っています。
また、それらの問題に加え「工期が長く、値段も割高」です。

サンプロで使うハイブリッド外壁は、 『割れる』『汚れる』『高い』『寒冷地に向かない』という塗り壁の代表的な欠点を無くしました。 下地はグラスファイバーのメッシュを使った輸入材、 仕上げは1975年の発売以来40年以上の歴史がある国産メーカー材を使用しています。
一般的に寒冷地では冬季の外壁施工が難しいのですが、冬の現場にも最適な塗り壁となっています。
ハイブリッド外壁は…耐久性・対候性・防藻・防カビ性・汚れ抑止などに優れ 美観を長期間保つことができます。

住宅の欠陥からお客様を守るための仕組み、住宅瑕疵(かし)延長保険にも認定された外壁であるため、メンテナンス上もご安心頂けます。
コスト面
従来の塗り壁
ハイブリッド外壁

通気性のよさ、割れにくさ、汚れにくさという特徴の説明をしてきましたが、
なぜ「非常に割高である」という弱点を解消出来るのでしょうか?
理由はその施工方法にあります 。

建築に限らず、一番高いコストは人件費です。
さまざまな会社が製造拠点を海外に移し、人件費の圧縮により製造コストを下げる努力をしています。
しかし、住宅の場合は、どうしても現地での工事が必要になるため、
住宅工事の価格の多くを職人さんの人件費で占められています。
通常、塗り壁は割れの防止や、厚みを確保するためなどの理由から「塗っては乾かして」 の作業を3回から4回繰り返します。
材料もさることながら、壁はかなりの面積があるので、その工賃が塗り壁を高いものにさせています。
それに対しハイブリッド外壁は、下塗と仕上げの2回で済みます。
材料が若干高くても、作業代を含めると、トータルでは安くなるのです。

デザイン性 いろいろなスタイルの「塗り壁の家」

ほかにも、サンプロの「自然素材でつくる家」では、
塗り壁以外の外壁としていくつかの素材もご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

3.家づくりの流れへ