街と山々を一望する、高台のモダンな住まい松本市

構造:木造2階建/敷地面積:130.95坪/1階面積:23.22坪/2階面積:20.83坪

STORY

  • 街と山々を一望する、高台のモダンな住まい

    恵まれたビューを取り込む開口計画

    高台に位置する住まいは、街並みと山々を一望できるロケーションが自慢。
    2階南側のファミリースペースはL字型に大開口を設け、パノラマビューを楽しめる空間にしつらえた。
    用途を限定しないこのスペースは、遮るもののない景色を眺めてくつろいだり、さんさんと注ぐ陽光を生かして洗濯物を干したりと大活躍。
    吹き抜けを通して、住まい全体に光が満ちる設計だ。

    家族やゲストが集う1階リビングにも、風景を切り取る大開口をデザイン。
    オープンキッチンのカウンターに立てば、正面におおらかなビューが広がり、家事をしながら季節の移ろいを感じられる。

  • 街と山々を一望する、高台のモダンな住まい

    和とモダンが溶け合う自由なインテリア

    「家族みんながくつろげる住まいにしたい」。
    その思いから生まれたインテリアは、和テイストとモダンが溶け合ったスタイルだ。
    白とネイビーのクールなベースカラーに、天然素材の木と畳が温もりをプラス。
    キッチンや階段の黒がスパイスとなり、空間全体を引き締める。
    一体感のあるオープンなLDKながら、天井の高さや素材を切り替えることでスペースごとに気分が変わり、面積以上に広がりを感じさせる。

    寝室と子ども部屋は、壁の一面のみ好きな色を選んでアクセントウォールに。
    トイレやウォークインクローゼットなどコンパクト空間には遊び心あふれる壁紙をチョイスして、随所に印象的なシーンが生まれる住まいにしつらえた。

    心地よさを引き出しているのが、こだわりの照明セレクトだ。
    落ち着きをかもす間接照明、存在感を放つ造形的なペンダントライト……。
    それぞれのデザインと陰影が、住まい全体のクオリティを高めている。

    雄大なビューを眺める室内に広がる、個性豊かなインテリア。
    そのコントラストが、唯一無二の存在感を引き出す。

  • 街と山々を一望する、高台のモダンな住まい

    黒×木で仕上げたスタイリッシュなキッチン

    LDKの中で存在感を放つキッチンは、天板と面材にグレーをセレクト。
    水栓とレンジフードはブラックで統一し、モダンに仕上げた。
    一方で天井にはチーク材の表情が美しいパネル、背面には柔らかな風合いのタモ材とタイルを組み合わせて、多様な素材感を楽しんでいる。
    日々活用するキッチンだからこそ、見て、触れて楽しい空間の主役に。
    キッチンを中心に、家族のにぎわいが生まれるだろう。

  • 街と山々を一望する、高台のモダンな住まい

    回遊動線と充実収納で家事も暮らしもスムーズ

    こだわりの一つが「日々の家事がしやすいプラン」。
    キッチンから洗濯機のある脱衣室、洗面室、バスルームまで一直線でつながるため家事がスムーズに進み、ストレスを軽くしてくれる。
    玄関からダイニング、キッチン、水回りとすべて行き止まりなく回遊できるプランが、家族の快適な日常をサポートする。

    オープンキッチンを美しく保つために欠かせないパントリーは、インテリアになじむ白い扉付き家具を造作し、雑多なものをすっきりと収納。
    さらに小上がりの床下を活用した引き出し収納、豊富な造作収納、広いウォークインクローゼットなど「隠す収納」を充実させることで、オープンな空間をすっきりと保っている。

  • 街と山々を一望する、高台のモダンな住まい

    大空間を夏も冬も快適に整える全館空調

    住まいの中心は大空間のLDK。
    吹き抜けで2階とつながり、住まい全体を明るい光で満たすプランだ。

    開放的な空間は夏や冬の空調管理が気になるところだが、この住まいはサンプロ独自の全館空調システム「Airflow+FAN」により、四季を通じてほどよい温度に保つ。
    信州の厳しい冬も、寒冷地仕様の床下エアコンが建物を基礎から温め、ダクトファンで循環させるため住まい全体が足元から温かに。
    開放的なデザインと快適な住み心地を両立させ、心も体も伸びやかに暮らせる住まいを完成させた。

ホーム > 建築事例 > 和の美しさに現代のエッセンスをプラス。伝統を継承する住まい