家ゼミ

カテゴリー: イベントお知らせお金の話建築士得する話

長野支店の上條です。

 

冬将軍到来

最高気温24度(前日比+13度)

水曜日は雪マーク

週末は19度予想

 

先週インフルエンザの予防接種は受けてきましたが、

天気予報を見ているだけで体調を崩してしまいそうです。

季節の変わり目、皆さんも体調にはくれぐれもお気を付けください。

 

雪マークもありますので、スタッドレスタイヤへの早めの交換で、

安全対策を行っていきましょう。

 

ということで、何事も事前準備が大切です。

 

お家づくりもいざ建てようと思っても何から始めればいいのか、

自分達は何をするべきなのか困ってしまう人たちも多いのではないでしょうか?

 

そういった方々はぜひ、住宅会社が行っている勉強会に参加されてみてはいかがでしょうか?

 

 

営業をされそうで怖いとか思われるかもしれませんが、

何も知らずにお家づくりを始めて、営業マンの言われるがままに建てる方が、

よっぽど怖いと思います。

 

 

サンプロでも先日家ゼミという勉強会を行いました。

 

 

 

まずは、元金融営業マンによる、お金の話。

 

「子供たちに進路の話をする勇気がありますか?」

 

「お金に出稼ぎにいってもらう」

 

 

 

そして、女性一級建築士によるこれからお家づくりについての話。

 

「お家の中は危険でいっぱい」

 

「2,000万の家より、2,500万の家のほうが安い?!」

 

 

それぞれ何を言っているのか分かりませんよね?

知らないって本当に怖いと思います。

 

最初の写真にあるように、

笑顔あふれる暮らしのため!

皆様にとって有益なお話が沢山あります。

 

ご興味のある方、これから家づくりを始める方、

ぜひ一度サンプロの勉強会に参加してみませんか?

 

次回は12/14(土)

 

~宅地建物取引士による土地探しの現実(仮)~

 

開催予定ですので皆様からのご予約・お問い合わせ、

どしどしお待ちしております!!

建築ツアー

カテゴリー: 上棟出来事工事現場建築士新築工事中木造建築長野市

こんにちは!設計のカミジョウです!

みなさま、この夏はどこに行かれましたか?

カミジョウの2016SUMMERは建築ツアーでした!

東京・高山・飯田と休みの日もほとんど建物を見ていましたね☆

サンプロの物件の前にちょろっとご紹介!

 

バスタ

まずは長野から東京への玄関口!

完成してから時間が経ちましたがやっと見られました。

新宿を見た後で名古屋にも行ったので、両方見て感じたことが、

バス停 < テナント

バスを降りた時の薄暗さや、バスを待っているときの不便さなど

バス利用者よりもテナント利用者の方が優先されるのはしょうがないことなのかな?

4年後の東京オリンピックに向けて、様々な交通機関の建物が整備されると思いますが、

優先順位というのは変わらないのかなと思ってしまいました。

たまには建築士らしくぼやかせていただきました。笑

 

s_HOUSEVISION[1]

隈研吾

建築家と企業とがコラボしたイベント「HOUSE VISON 2」

今回で2回目でしたが、前回の開催から楽しみにしていたイベントです。

建築が好きな人だけじゃなくてもワクワクするイベントなので、

ぜひ行ってください!

と、言いたいところですが、残念ながら終わってしまいました。

1つ1つの建物を説明したいのですが、長くなってしまうので、

「HOUSE VISION」で検索してみてください!笑

 

トークショーも毎日開催されていたのですが、

私が行った日はちょうど大好きな建築家、隈研吾さんでした。

新国立競技場の設計者ですが、このイベント会場の構成も担当しています。

素材の使い方、特に木の使い方が好きなのですが、

新国立競技場では、内装材・構造材としてだけではなく、

空調設備として木を使っているとのことでした。

住宅にもある屋根の軒。

軒の出の寸法や垂木の間隔で空気の流れが変わる。

新国立競技場が完成した時には、ぜひ皆さんも注目してみてください!

 

s_西洋美術館[1]

世界遺産になった国立西洋美術館!

平日とはいえ、大勢の観光客でにぎわっていました。

(ポ〇モンGOの影響もあるのかな?笑)

意図的なスロープや自然光の採り込み方など、

空間構成や照明計画にこだわっているのはもちろんですが

コルビュジェらしい寸法・比率にこだわったタイルや

普通であれば隠してしまう雨樋を意匠としてデザインしていたり、

こだわりが詰まっていました。

全ての部材・構成に意図が感じられる建築。

住む人にのちのち意図を感じてもらえる建物を頑張って設計していきたいと思いました。

 

高山の陣屋や飯田のサンプロ物件もご紹介したいところでしたが、

長くなってしまったので、改めて書きたいと思います。

 

最後に、工事中の物件を!

M邸

長野市で建築中のM様邸。

外部に焼杉を使いアクセントを加えたお母さまとの二世帯住宅です。

外観だけでなく、薪ストーブが映える内観も今から楽しみなお家です!

 

s_N邸[1]

松本市で建築中のN様邸。

四方をお家に囲まれた立地ですが、

光の取り込み方や風の流れに気を使い、

快適な空間を目指したお家です。

こちらのお家も今から完成が非常に楽しみなお家です!

 

次回の更新の時には大工工事も終わっているかと思いますので、

私のこだわりをご紹介していきたいと思います。

時事ネタについて

カテゴリー: 建築士

こんにちは,クラシナです!梅雨が明けていよいよ夏本番ですね~でも今日は雨だけどicon03

ところで、国立競技場見直しされるようですねface06

もともと国立代々木競技場は雨漏りがひどくて維持費がかかるから立て直そうって事になったのに・・・建設費2500億円ってそりゃビックリしますよねface08

2500億円あったらギリシャが救えるとか・・・日本中の保育園が無料化できるとか・・・そんな噂を耳にしますよicon10

あれっもしかしたら国立代々木競技場を改修して使い続けてもよかったのかもネ。

↑ これ設計した丹下健三さんは当時 「建築を通して戦後の日本の復興を世界に示した」 と評価されたのだから、今回も日本の建築家が手がけたらいいのになぁ~再評価されるチャンスかも・・なんて勝手に思っていますface03

「その時代の正しい建物が後になって振り返ると時代を映し出す鏡になる。建築にはそういう側面がある。」 と藤村龍至さんが言ってましたが・・・イヤ、ザハさん嫌いじゃないしすごいなぁーっと思うけど、あれが今の日本を映す鏡と言われると・・・何だろう、いいのかな?わからない??うーん、どうでしょ~face04

もう解体した更地のままでいいかもしれないですね。ゴザ引いて、おにぎり食べながら観戦するとか。うん、そうしようface02

サンプロのランキングをチェック