木造建築 | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所

もうすぐ…

カテゴリー: 工事現場, 新築 工事中, 新築工事中, 木造建築

コンニチハ!

2018年も残り5日で終わってしまいます。

早いです…

 

そして、初めて持った現場ももうすぐ完成です!!

こちらも早いです…

沢山の職人さん達のおかげで、とっても素敵なお家が出来上がりました♡

(完成写真はお楽しみです!!)

この4か月間どのようにお家が出来上がっていくのかを

間近で見ていきましたが、改めて職人さんたちの技術に感動しました。

 

工事の中で、私が一番好きなのは、

内装工事です。

クロスなどが貼られると、家全体に色が付き、

どんなお家なのか想像することが出来ます。

同じ形のお家でも、クロスの柄や、色によって全体の雰囲気が変わり、

かっこよくなったり、可愛くなったりと、お客様の「らしさ」が出るなぁと感じます。

 

今回は、建売のため、コーディネーターさんの選んだ壁紙ですが、

個人的にいいなぁと思ったアクセントクロスが↓こちらです。

 

 

 

 

 

 

まだ照明がついていないため、暗くなってしまいました(._.)

全体的にシックでカッコいい仕上がりとなっております!!

 

建売なので、まだお客様はいらっしゃいませんが、

職人さんの技が詰まったお家を気に入っていただけるよう、

お引渡しまで頑張りたいと思います☆

 

年末まであと少し、、、

元旦に寝込んでしまわぬよう、体調にはお気をつけてお過ごしください。

以上、

工事のヤナギサワでした!!

 

台風

カテゴリー: 工事現場, 木造建築

こんにちは。コバヤシです。

台風の被害、深刻ですね。普段雨が多く降らないところで降っているので

他の地域よりも被害が多く出ているみたいです。

一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

台風を衛星から見た画像を見ると、そのスケールに 自然には逆らえないなと思います・・・。

<写真:違いがわかる辞典より

高い山に囲まれている長野県は、幸いに台風直撃を免れているので、本当に有難い限りです。

 

そんな長野県、実は 移住ランキング1位なんです。

しかも、過去5年間で、4度も1位に輝いているのです。

首都圏にも近く、山に囲まれて緑も多いですからね。

UターンやIターンで長野に移り住む方が増えると良いですね。

<参照:http://www.furusatokaiki.net/wp/wp-content/uploads/2016/02/6364b6aafae77dbfa0b2503269d75f3c.pdf

 

コーディネータとして担当したリフォームの現場が長野で始まりました。

ナラのフローリングを使用した明るい仕上がりになる予定なので、今から楽しみです。

dsc03003

リフォームの現場から得ることって沢山あるんです。

その一つ一つを新築に役立てられるようにしていきたいです。

建築ツアー

カテゴリー: 上棟, 出来事, 工事現場, 建築士, 新築工事中, 木造建築, 長野市

こんにちは!設計のカミジョウです!

みなさま、この夏はどこに行かれましたか?

カミジョウの2016SUMMERは建築ツアーでした!

東京・高山・飯田と休みの日もほとんど建物を見ていましたね☆

サンプロの物件の前にちょろっとご紹介!

 

バスタ

まずは長野から東京への玄関口!

完成してから時間が経ちましたがやっと見られました。

新宿を見た後で名古屋にも行ったので、両方見て感じたことが、

バス停 < テナント

バスを降りた時の薄暗さや、バスを待っているときの不便さなど

バス利用者よりもテナント利用者の方が優先されるのはしょうがないことなのかな?

4年後の東京オリンピックに向けて、様々な交通機関の建物が整備されると思いますが、

優先順位というのは変わらないのかなと思ってしまいました。

たまには建築士らしくぼやかせていただきました。笑

 

s_HOUSEVISION[1]

隈研吾

建築家と企業とがコラボしたイベント「HOUSE VISON 2」

今回で2回目でしたが、前回の開催から楽しみにしていたイベントです。

建築が好きな人だけじゃなくてもワクワクするイベントなので、

ぜひ行ってください!

と、言いたいところですが、残念ながら終わってしまいました。

1つ1つの建物を説明したいのですが、長くなってしまうので、

「HOUSE VISION」で検索してみてください!笑

 

トークショーも毎日開催されていたのですが、

私が行った日はちょうど大好きな建築家、隈研吾さんでした。

新国立競技場の設計者ですが、このイベント会場の構成も担当しています。

素材の使い方、特に木の使い方が好きなのですが、

新国立競技場では、内装材・構造材としてだけではなく、

空調設備として木を使っているとのことでした。

住宅にもある屋根の軒。

軒の出の寸法や垂木の間隔で空気の流れが変わる。

新国立競技場が完成した時には、ぜひ皆さんも注目してみてください!

 

s_西洋美術館[1]

世界遺産になった国立西洋美術館!

平日とはいえ、大勢の観光客でにぎわっていました。

(ポ〇モンGOの影響もあるのかな?笑)

意図的なスロープや自然光の採り込み方など、

空間構成や照明計画にこだわっているのはもちろんですが

コルビュジェらしい寸法・比率にこだわったタイルや

普通であれば隠してしまう雨樋を意匠としてデザインしていたり、

こだわりが詰まっていました。

全ての部材・構成に意図が感じられる建築。

住む人にのちのち意図を感じてもらえる建物を頑張って設計していきたいと思いました。

 

高山の陣屋や飯田のサンプロ物件もご紹介したいところでしたが、

長くなってしまったので、改めて書きたいと思います。

 

最後に、工事中の物件を!

M邸

長野市で建築中のM様邸。

外部に焼杉を使いアクセントを加えたお母さまとの二世帯住宅です。

外観だけでなく、薪ストーブが映える内観も今から楽しみなお家です!

 

s_N邸[1]

松本市で建築中のN様邸。

四方をお家に囲まれた立地ですが、

光の取り込み方や風の流れに気を使い、

快適な空間を目指したお家です。

こちらのお家も今から完成が非常に楽しみなお家です!

 

次回の更新の時には大工工事も終わっているかと思いますので、

私のこだわりをご紹介していきたいと思います。

秋の出来事

カテゴリー: 出来事, 木造建築

こんにちは さくらいですface01

一雨ごとに秋めいてくる今日この頃 
皆様いかがお過ごしでございましょうか?
さて 私の今年の秋は。。。

去年に引き続き 木構造の講習会に通っております

そこで先日めったに見る事のできない貴重な体験をしました
それは 『木材の曲げ試験』

専用の機械を使い徐々に力を加えていきます

梁’の仕口部分にヒビが入り始めました

めり込みが確認できます

また他の試験では。。。

こんなにしなっているのに折れません!

勿論限界はありますが 木の強さを改めて感じました

・・・と硬い話はここまでにして 

       お勉強の後は遊びのお時間ですicon22

先日 人生初の 鎌倉に行ってきましたicon18
数あるお寺の中で絶対行きたかったのがこのお寺

  『 報国寺 』

木漏れ日がなんとも幻想的icon12

有名観光地は一通り網羅しましたが 今回の目的は グルメ!icon28

生しらす から始まり
世界一の朝食!と言われる七里ヶ浜で有名なパンケーキのお店でモーニングicon06

この景色を目の前に。。。

人気メニューをいただきましたicon28

そして翌日は 閑静な住宅地にあるローストビーフの有名なお店で またまたステキなランチicon12icon12

オードブルからステキicon12

これが噂の ローストビーフicon12

手作りのチーズケーキがこれまた絶品

思わずお土産にicon22

ステキな秋の一時でした

木造住宅

カテゴリー: 木造建築, 耐震

こんにちは さくらいですface01
4月に入り春を感じる今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?
人間暖かくなると外に出たり、何かに挑戦したくなりますよね
私は早速GWの予定をたててしまいましたicon22
今からとっても楽しみですicon14
さて話は変わって…
昨年の秋 構造の講習会を受けてから構造に興味を持った私
今回はちょっと真面目に構造について話をしてみたいと思います
昔から木造の家は筋かいを入れた強い壁(耐力壁)と丈夫な柱が大切だと良く聞きますが
最近の家をよく見ると・・・
 大きなサッシ に 広いリビング おまけに 大きな吹き抜けがあるけど大丈夫?face07
と思ってしまう方もいらっしゃる事でしょう。
そこで今回はそんな疑問にお答えします。
木造住宅は、柱は床を支え、耐力壁は地震に抵抗する重要な構造要素です。
そして更に大切なのがあまり知られていない 『床』 なのです。
床は人や家具等あらゆる物を支えているのですが、もう一つ大きな役割があります。
地震や暴風等の時の横からの力(水平力)を耐力壁に伝えるという大きな役割があります。
つまり耐力壁が沢山あってもこの床がしっかりしていないと丈夫な家にはならないのです。
サンプロでは広い空間や吹き抜けなどのプランに対応するため、
床には24㎜構造用合板を使用し四方を床梁に規定間隔で釘打ち
することにより梁と一体化して大きな水平力を伝える床工法を採用しています。
この工法の採用により強い床(剛床)が形成され、大きな空間や吹抜けがあっても地震の水平力に対して丈夫な家となるのです。

ご興味を持たれた方4/19(土)・20(日)には
長野市で初めてのお披露目会が開催されます。
ご来場をスタッフ一同お待ちしております。