自然素材住宅 気密

カテゴリー: 自然素材住宅

サンプロのランキングをチェック 

こんばんは、施工管理 ヨネクラ です。

ただ今、梅雨本番ということで毎日欠かさず天気予報を閲覧しております。
天気予報を気にしながらの工程管理をしているのですが、この時期は
予報と自然に裏切られる確率が比較的多く、少し辛く感じる今日この頃です。
さて今回は、住宅の気密に関して少し触れたいと思います。

気密性能、断熱性能と並んで最近よく耳にする言葉になってきました。

その気密性能とは、家の隙間の小ささを表す性能のことです。

 

日本では、この気密性能をC値という数値で表わします。

このC値ですが、〇cm2/m2と表わし、
家の床面積に対して、どのくらいの隙間があるのかを
知ることができます。

サンプロでは、新築させていただく全ての建物で「気密測定」を実施し
社内基準で1cm2/m2以下の値になるように施工するようにしております。

平均で、0.6cm2/m2 位でしょうか。

下は気密測定の様子です。(機械結構高いらしいです・・・・)


 
サンプロの建物は、断熱施工後に気密測定の実施をしています。
一般的には、部屋側に「気密シート」の施工をしてから、行うと思いますが
サンプロのお家は、防湿シートの施工(断熱材の種類による)は行いますが、気密をとっているのは
外壁側の面材(板材)です。
大工さんの施工精度が良いため、この状態で良い結果が数字として表れるのです。感謝です。
気密測定のあと、防湿シートと内装材の施工をいたしますので、最終的には
ここでの隙間の量よりも少なくなると思います。
気密を良くするということは、断熱効率を上げることに繋がります。
冷暖房のランニングコストへの影響も出てきますね。
裏腹に、昔の住宅の良いところは、隙間があることで、適度な換気が出来ていたのですが
隙間をなくすことで、計画的な換気が必要になります。
換気が不十分だと、空気が汚れ不快な気分になったり、建物内部に湿気が停滞し
結露、カビ発生の原因や、健康を害する結果に繋がってしまう可能性も
おおいにあります。
気密断熱換気などの基本性能のことについて書くとスゴーク長くなってしまうので
詳しくはお問い合わせください。
最後に、今年の「初物」です。ヨネクラでした。

 

自然素材住宅建築中。

カテゴリー: 自然素材住宅

サンプロのランキングをチェック

 こんばんは、施工管理のヨネクラです。

 毎度毎度書かしていただいておりますが、季節が巡るのは早いもので

気が付けば、ゴールデンウィークではありませんか。

 すでにお休みの方々もいらっしゃると思いますが、明日から休日の方が大半なんでしょうか?

天気も安定しそうですので、良い休日になりそうですね。

 今回紹介させていただくのは、現在建築中の自然素材住宅工事中の様子です。

 先ずは、松本市のU様邸。

洗面ニッチダイニングなどにタイルを施工いたしました。

仕上がる前の段階ですが、紹介させていただきます。

 玄関のニッチです。モザイクタイルが貼られましたよ。

 リビングキッチン前カウンター上にもタイルが・・・・。

 洗面、床、などにもタイルが貼られました。

 U様邸はこれから内装工事に移ってゆきます。

 続きましては、木造住宅では比較的珍しい、鉄骨螺旋階段の紹介です。

 これだけ見ても、すでにかなり良い感じですよ。

作成、据え付けいただいた業者さんにも大感謝です。

 

 続きましては、大工工事が完了したばかりのI様邸の様子です。

 左は、洗面台で右はトイレの手洗いです。

これから塗装工事タイル工事を行い、内装工事へと移ってゆきます。

 下は、どうやらTVのスペースのようですね。

ゴールデンウィーク過ぎから仕上げ工程に移ります、どんな感じになるか楽しみですね。

 工事が始まるまで長い間打ち合わせしていただき着工し、やっとここまで来たという感じでしょうか。

お客様も出来上がりが待ち遠しいでしょうね。もう少し待っていてくださいね。

 次回は、仕上がった様子をアップしたいと思います。お楽しみに。

          

        

 

自然素材住宅 工事中

カテゴリー: 自然素材住宅

皆さんこんにちは。 

現場管理のコマツです。

また急に朝晩が寒い日になり、昼間との温暖差が激しく

着るものに困り、如いては着たり脱いだりと・・・・face07

という中、基礎工事中の物件、大工工事中の物件等

一緒に見ていきましょうicon17

まずは、茅野市のA様邸

写真左下にある小さいスコップ等は

埋蔵文化財の調査に来た時のもの

埋文

  埋蔵文化財とは
 埋蔵文化財とは,土地に埋蔵されている文化財(主に遺跡といわれている場所)のことです。埋蔵文化財の存在が知られている土地(周知の埋蔵文化財包蔵地)は全国で約46万カ所あり,毎年9千件程度の発掘調査が行われています。

続いては、諏訪市のF様邸

 
  きれいに外壁の下地が完了していますface02
  現在、大工工事中です。
そして、下諏訪のH様邸
   
   現在大工工事中
   どんな感じになるのか楽しみですね
それから、塩尻市で内装工事中のM様邸
ふ
  GW明けに取扱い説明予定
  どんな感じになるか
  お楽しみに~
  写真左 トイレ
  写真右 吹き抜け
続いて 塩尻市で、基礎工事完了のH様邸

き

 
  来週建て方予定で
  現在、基礎完了後の
  準備中になります
  
同じく、塩尻市で基礎工事中のF様邸
だ
  基礎の型枠が外れた所です
  GW明けより建て方予定
そして、最後に同じく塩尻市で引渡し間近なT様邸
 
 写真左
 LDKの一部です
 写真右
 寝室になります
 
落ち着いた仕上がりになっています
と、こんな感じで現場の確認に飛び廻っている
現場管理のコマツでしたicon10
サンプロのランキングをチェック 



松本市で性能評価住宅の上棟

カテゴリー: 自然素材住宅

サンプロのランキングをチェック
こんにちは設計担当の山本博です。
朝がグッと寒くなってきましたね、そろそろタイヤ交換も考える時期です。
昨日は東京のビックサイトで建築やインテリアの展示会があり行って参りました。
お昼過ぎに車に表示された外気温はなんと21度。家を出る時はコートを持参しましたが日中は暑くてビックリしました。
ちなみに夜中に松本へ帰って来た時の外気温は1度の表示。やっぱり信州には暖かい家が必要ですね。

会場内は撮影禁止になってましたが、あるブースで外国の職人さんがアートコンクリートを実演されており、あまりの上手さにブースの方に許可を頂いて撮影をさせて頂きました。左官の職人魂はどこの世界も一緒ですね。

いろんなメーカーの方と話をさせて頂き、日進月歩される興味深い機器や資材などいろいろと勉強になった一日でした。

ちょうど昨日から松本市で性能評価住宅K様邸の上棟が始まりました。長期優良住宅と同様の仕様で設計、建設の性能評価を取得しております。木曽桧の土台、柱、垂木、根太etc 桧の香りが漂う現場でこれからモダンな自然素材住宅の工事が進んで行きます。
K様邸の現場は私の自宅からも近いのでこれから進捗が楽しみです。

    

自然素材住宅

カテゴリー: 自然素材住宅

 こんにちは、施工のヨネクラです。
 今回は、先月末に安曇野市で無事引渡しが出来た
T様邸と、現在内装工事手前の、池田町 M様邸の紹介です。
 T様邸の夜の様子です。(自然素材住宅完成です。)
照明がつくとかなり感じがかわります。
昼間の外観の様子は、少し前の「ヒライシ」のブログをご覧下さい。 

 中の様子です。
家具カーテンは、お客様ご自身のもので、我々の撮影に間に合わせて頂きました。

 タイルが貼られたキッチンは、完全フルオーダーの現場製作であります。
世の中に同じものは無いはずです。(大工さんに感謝です。)
 T様、どなたかがご来訪された折には、是非自慢してくださいね。
そして、今年の冬はいよいよ薪ストーブの出番ですね。今から薪の段取りを
頑張っていただき、薪ストーブライフを楽しんでください。
 つづきましては、池田町のM様邸です。 
この写真は、外壁の塗り材が施工される前のものです。
外部は、EPSという材料の上に、塗り材を施工するのです。

 下は、内部(キッチン)の様子です。
現在は、タイル工事塗装工事も完了し、内装工事を待つばかり
といったところです。

 次回は、もう少し工事が進捗したところの報告をさせていただきます。
凄く良い感じになると思いますので、乞うご期待です。 
 これからも、皆様の自然素材住宅建築のお手伝いを
全力でさせていただきます。ヨネクラでした・・・・
  
サンプロのランキングをチェック
 
 

春一番の影響

カテゴリー: 自然素材住宅

サンプロのランキングをチェック
こんにちは、クラシナです。
もう春ですね、春一番(なのかな~)も大変な勢いで吹き荒れてますねicon01
その暴風のせいか、飛び石で私の車のフロントガラスが割れました!なんということでしょうface07
朝、運転してたら 「カチッ」 という音がして 「あれ、何だろう」 と思ったのですが・・・
現場に行ったときも特になんとも無くて。 夜、家に着いたらいつのまにか 「ヒビ割れがぁ!!」 となっておりましたicon11
こうなっちゃうとガラス交換するしかないんですって。 ヒビが走ってなかったら補修ですむらしいです・・・
という訳でいつもお世話になっている、くるまやさんに行ってきましたicon17
                
↑ 入り口扉の握り玉が真鍮で、色が変わってきて い~いカンジにicon12
               
                               
↑ こんな古いフランス車が、普通においてあったりしておもしろいですよface02
ホント欧州車ってインテリアもすごく素敵だなぁって思います。ボディカラーとシートベルトの色を揃えたり、ちょっとしたところでもこだわりを感じますね。
昔ヨーロッパには、オーダーメイドで車を作る小さな工房が沢山ありました。量産化が始まって車が普及しても、その精神が受け継がれているのかもしれません。
それを、クラフツマンシップというのでしょうか。
私達サンプロも、オーダーメイドの住宅を手掛けています。珪藻土であったり、無垢材であったり、木曽ひのきであったり・・・と様々ですが、お客様が大切に思う部分をさらに大切にして、これからもオンリーワンの住宅作りに励んでいこうと思いました。
ちなみに、飛び石のフロントガラスの交換は保険の適用になりますから、もし同じようなアクシデントに見舞われた方はぜひ保険屋さんに聞いてみてくださいねface02


 

 

 

安曇野市で自然素材住宅新築中

カテゴリー: 自然素材住宅

サンプロのランキングをチェック
 こんにちは、現場管理のヨネクラです。
本日塩尻市で、完成お披露目会を開催いたしました。
天気も今一つで本当に寒かったですが、非常に沢山の
お客様にお越しいただきました。
ありがとうございました。
明日も引き続き開催しておりますので、沢山のお客様のご来場を
お待ちしております。
 さて本日は、安曇野市で自然素材住宅新築中の内部の様子・他の
報告をさせていただきます。

こちらは、オーダーメイドの
現場製作のキッチンであります。
この後は、タイルでお化粧です。
本社、ショールームにも展示してありますので
お立ち寄りの際は、ご覧になって下さい。
 下は、吹きぬけからの眺めです。
縦長のスリットには、この後アイアンが入ります。

 天井は、羽目板の表しで
 ドアの上には、お客様から御支給いただいた
 ガラスブロックがはめ込まれております。
 もう少しで、内装工事に入っていきます。
 どんな感じになりますかね。
 お楽しみィ。
 
 さてお次は、皆さんあまり目にしたことが無いと思われます
建築用の金物を少々紹介いたします。
 左は、筋カイ金物
 横架材にジョイントに使用する
 短冊プレートです。
 どちらも、専用ビスにてガッチリ固定
 されています。
 これは、に取り付ける
 ホールダウン金物といいます。
 土台とコンクリートの基礎をつなぐ
 アンカーボルトとナットです。
 
 金物のほんの一部ではありますが、それぞれ役割があり
非常に重要なものです。
仕上がってしまうと、ほとんど全ての金物は、隠れてしまいます。
しっかり取り付けされているかの確認が大事ですね。
 次回は、安曇野市で自然素材住宅の仕上がりを報告できると思います。
それではまた・・・・。 

 

新築・リフォーム~自然素材の家~

カテゴリー: 自然素材住宅

春寒しだいに緩むころになってきましたねぇ~volunteer
とは言いつつも昨日、今日はまだまだ雪が舞っておりましたが・・icon04
こんばんは。クマクラですface01
私、リフォームコーディネートも担当させてさせて頂いているのですが先日、塩尻市で耐震補強工事が完成したばかりのY様邸に伺ってきましたicon25
Y様は東日本大震災後、改めて耐震に対しての思いが強くなり今回工事に踏み切ったのですが、それに合わせ以前より憧れていた薪ストーブも思い切って採用して頂きました。

伺ったその日も雪icon04が舞い寒い日だったのですが、とても心地よい暖かさと炎の揺らめきに時間を忘れつい長居をしてしまいましたface08
Y様、とっても楽しいひと時をありがとうございましたface05
本日、ウサミちゃんと撮影してきたばかりtrip02の松本市の新築住宅はと言うと、サンプロのこだわりでもある自然素材をふんだんに使ったお家icon25ですicon14

LDKに隣接した家事コーナー兼スタディコーナーdiary
キッチンからの見通しがきくのでお子様の様子がキッチンに居ながら確認できて良いですよねicon22
T様、これからもサンプロをよろしくお願いいたしますm(__)m

サンプロのランキングをチェック

松本市大村~自然素材の家~

カテゴリー: 自然素材住宅


サンプロのランキングをチェック

皆様、新年あけましておめでとうございますicon12クマクラです。
本年もサンプロサンプロ社員一同を宜しくお願いいたしますface01

2011年クリスマスicon12
年内最後の担当部件のお引渡しに行ってきました。
以前に仕上がりイメージをパースでご紹介した松本市大村自然素材を使用したデザイン住宅ですface02
自然素材をふんだんに使いホワイトを基調にした可愛らしい松本市S様邸。

リビング入口のドアはホワイトへペイントし、ドアノブは米国製のこだわり品。
ガラスは人気のチェッカーガラスを使用しています。
テレビ台やキッチン収納もオリジナルで製作しホワイト基調の室内にアクセントとなるように着色してみましたicon14

ダイニングの対面型のカウンターは全面タイル貼り。
移動式本棚とおもちゃ箱はお子様の遊ぶ場所へ自由に移動できるよう製作しました。
(詳細は以前のウサミちゃんのブログでご紹介してますのでご覧下さいませicon23

玄関ニッチの背面には一枚ずつ手作りされていて、まるでクレヨンのような風合いの菱形タイルを貼りアクセントに。
お施主様のこだわりが伺える自然素材派デザイン住宅が完成しましたicon25
S様、本当にありがとうございました。

2 / 212