ブログ一覧 | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 - Part 2

注文住宅ではよく用いられている!?〜内断熱工法編〜

カテゴリー: ブログ一覧

前回は外断熱工法に関してお話ししていきました。
寒い地域に住んでいらっしゃる方はやはり暖かい住宅には憧れてしまいますよね。
「もちろん暖かい住宅に住んでみたいけど、具体的に断熱工法に詳しくないしな。」
今回は前回の外断熱ではなくない断熱に関してお話ししていこうと思います。

・内断熱とは
内断熱とは構造体の空間の部分に断熱材を埋め込んで小屋裏から家全体を包み込むことで断熱効果を発揮する工法のことです。

・内断熱工法のメリット
内断熱工法のメリットとしてはいろんな業者が施工可能であるということです。前回の外断熱工法はあまり施工できる業者が少なくなっており、まずはできる業者選びからする必要がありました。しかし内断熱はいろんな業者が施工可能の有名な断熱工法です。従って、一から内断熱業者を探す必要もありません。

そして、もう一つは立ち上がりが早いということです。つまり、内断熱工法を使用していると、冷暖房をつけてすぐに断熱効果を発揮してくれます。これだと、長期間出かけていても、帰ってすぐに暖かい住宅で過ごすことができます。立ち上がりが早いのは、ある意味でなかなか嬉しいメリットかもしれません。

・内断熱工法のデメリット
この内断熱工法のデメリットとしては、日射など外部の影響をもろに受けてしまうため、光熱費がかかってしまうことです。特に冬場がとても寒い地域では、なかなか温度の差が激しく季節によって光熱費が大きく変化してきます。光熱費をなるべく抑えたいという場合はあまりお勧めできないものかもしれません。

また、断熱工法の施工工事のできよって大きく効果が変化してしまいます。つまり業者によって断熱効果が違ってくるので、業者選びも大切になってきます。なるべく信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。内断熱に関して知ることができましたね。ぜひ断熱効果を知りたいという方はぜひこの機会に外断熱と内断熱に関して知っておきましょう。

注文住宅ではよく用いられている!?〜外断熱工法編〜

カテゴリー: ブログ一覧

どうせ建てるなら暖かい住宅がいい。
皆さんは住宅を建てるにあたって、外断熱工法というものをご存知でしょうか。
「断熱工法にもいろんな種類があるんだ・・・。」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は外断熱工法に関してお話ししていこうと思います。

・外断熱工法とは
外断熱工法とは、構造体の外側にパネルタイルなどの断熱材を設置し、全体から断熱効果を出す方法のことを言います。

・外断熱工法のメリット
この外断熱工法のメリットとして、冬場の結露が起きにくいということが言えます。全体を包むことによって温度差が起きにくい環境を作ることができます。結露はカビの原因になり、健康状態を悪化させる大きな原因になります。カビはもちろん、結露から発生しやすく一度できてしまうと除去がかなり大変になります。結露をあまり作らないこの外断熱工法はとても有効でしょう。

また、室内温度を維持していく上で、維持費があまりかからないことも大きなメリットです。経済的に優しいので、温かさを維持していくにはかなり便利な断熱工法かもしれません。浮いたお金で違った用途で使用することができますし、寒い地域の方は余計に断熱材をうまく使用することで費用をかけずに寒い冬を乗り越えることができます。

・外断熱工法のデメリット
外断熱工法のデメリットは、断熱効果を発揮させようとするとすぐには多肥上がらないということです。旅行帰りで、キンキンに冷えた住宅を温めようとすると、少し時間がかかってしまうようなものです。暖房を駆使してどうにか温めないといけないので、即効性には欠ける部分があります。

また、施工できる業者が少ないので簡単には導入することが難しいかもしれません。まずは施工可能の業者を見つけることから始めましょう。

いかがでしたでしょうか。外断熱工法に関して知ることができましたね。ぜひ寒い地域に住んでいらっしゃる方はぜひ暖かい住宅に住んでみてはいかがでしょうか。断熱の効いた住宅で快適に過ごすことができます。

自家発電の利用

カテゴリー: ブログ一覧

最近、日本では大きな地震が目立ちますよね。
そういった自然災害の影響による非常事態の対処について意識している方も多いのではないのでしょうか?
その中で今回は、「電力の供給」をテーマにお伝えしていこうと思います。

災害などによって電力の供給が止まり、電力不足に陥ってしまう可能性も十分に考えられますよね。
その非常事態に対処すべく今回ご紹介したいのが、自家発電の利用です。
ひとえに自家発電と言っても、価格や大きさ、設置条件など様々に異なってきます。
今回は二つの自家発電方法についてご紹介していきます。

まず初めにご紹介するのは「太陽光発電システム」です。
最もポピュラーな発電形式ですね。
その名の通り、太陽光を利用して発電するタイプで、主に屋根に設置するものです。
太陽光発電の特徴としては、発電量は太陽光の有無で変化し、発電量が少ない時は電力会社より電力を購入し、多い時は電力を得ることができるという点です。
又、発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスを出さないので地球環境にも優しいという点にも注目が集まっています。
自家発電を行いながら、地球温暖化のことも同時に配慮できるのは魅力的ですよね。
しかし、このタイプのものは導入コストが200万前後と非常に高く、夜間発電もできないというデメリットが存在しますが、現在少しづつ改善案も出てきているようです。

次にご紹介するのは「蓄電式太陽光発電機」です。
これも太陽光を利用し発電するものですが、屋根に設置するものとは異なり、マンションのベランダなどの小さなスペースにも設置できるポータブルタイプのものです。
一戸建てではなく、マンションの方も自家発電ができるということに驚きを覚えた方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
特徴としては、20万前後の低価格という点と、蓄電することができるので夜間や停電時の利用も可能となった点です。
やはり屋根に設置するものと比較すると発電量は劣るものの、手軽に自家発電に手が伸ばせるところがいいですよね。

一戸建ての方やマンションの方も、災害時や停電時に備え自家発電を検討してみてはいかがでしたでしょうか?
今後自家発電をする方も増えれば、地球温暖化対策にもなっていきますね。

屋根の雪対策ってどんなこと?

カテゴリー: ブログ一覧

降雪の多い地域にお住まいの方は、屋根への降雪に気をかけた方も多いのではないのでしょうか?
毎年屋根に雪が積もればどのようなことを考えますか?
今回は、屋根の雪対策についてお伝えしていこうと思います。

雪が降った際、多くの方は雪下ろしを行うと思います。
ですが雪下ろしは実際非常に危険な作業です。
まずは雪の恐ろしさについて再確認してみようと思います。
パラパラと降る雪に脅威はありませんが、積もっていき固まった雪は500kgにもなると言われています。
つまり屋根に上り、雪下ろしを行っている時に足を滑らせて下にでも落ちたら、相当の衝撃を受けてしまいます。
雪下ろしをする際は必ず一人ではなく、もしものことに備え二人以上で無理をせず行ってくださいね。

又、屋根から雪が落下してくる可能性も十分に考えられますね。
そういった危険を防ぐために、雪止め金具の利用が効果的かもしれません。
温度の上昇などが原因で雪が溶け、落ちるのを防ぐことができます。
これは自分への影響だけでなく、周囲への影響も十分に考えられます。
通路に面していたり、隣の家が近い場合など、落雪で多大なる被害をもたらすこともあるので、注意が必要ですね。

しかし現在では、雪下ろしの必要もなくなってきています。
融雪ネットというものも登場し、ヒーターを屋根に取り付け、自動的に雪を溶かすことができます。
これは、体の自由がきかない高齢の方にも効果的なものですよね。
他の手段としては、屋根自体を無落雪屋根にリフォームするというものです。
雪を融かすエネルギーも必要とせず、何と言っても雪下ろしの必要がなくなるのが最大の利点です。
ですが、リフォームということで費用もかかることなので、たまにしか雪が降らない地域には勿体無いかもしれませんが、毎日のように雪下ろしが必要といった地域の方にはいいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?
降雪の多い方で雪の処理に苦労されている方も多いと思われます。
この機会に今一度新たな対策を考えてみてはいかがでしょうか。

あたたかい家とは?

カテゴリー: ブログ一覧

みなさん、あたたかい家と聞けばどのようなものをイメージしますか?
今回ここで定義するあたたかい家は、「夏でも冬でも過ごしやすい家」です。
では早速掘り下げてお伝えしていきましょう。

まずあたたかい家を実現するのに使用する木材は「無垢の木」です。
無垢の木とは、合板や集成材ではなく使用する形状で丸太から切り出した木材のことです。
割れやヒビが入りやすいという欠点を持つものの、天然木独特の風合いもあり調湿機能も備わっております。
無垢の木を使用した家づくりを行った場合、熱伝導率、つまり熱の伝わりやすさが非常に低いため木が熱を奪うことはほとんどありません。
金属やコンクリートのように触った時に冷たく感じないのは、人の手の熱を奪わないという木ならではの特徴とも言えますね。

では、なぜ過ごしやすい家を実現することができるのでしょうか?
大きく二つに分けてお伝えしようと思います。

一つ目は「断熱化」です。
断熱とは言葉通り、「室内を熱的に遮断する」こと、つまり「熱の出入りを断つ」ということですが、断熱材の使用場所、中か外かによっても効果は大幅に変化してきます。
普段目にすることはないかと思われますが、壁の中や床下、天井裏にもたくさん詰め込まれているはずでしょう。
その断熱材の影響で、外が暑くても寒くても過ごしやすい温度に調節されているんですね。

二つ目は「気密化」です。
気密化とは、空気の出入りがないよう隙間なく密閉することです。
隙間なくするためにも、断熱材の形や量で変わってきます。
冬など窓を閉めていても、どこからか外からの冷気が入ってきて寒いと感じたことがある方も多いのではないのでしょうか?
床や壁だけでなく、コンセント取り付け場所から隙間風が入ってくることもあるので、気密化がいかに重要かわかりますね。

もちろん上記のことに対するデメリットもあります。
断熱性、気密性の高い家は外からの風が入らない、つまり新鮮な空気が入らないというように捉えることもできます。
一日数回の換気には気を使ってくださいね。

いかがでしたか?
夏でも冬でも過ごしやすい家の特徴をお伝えさせていただきました。
持続する室内のあたたかさを感じながら、快適な生活を送ってくださいね。

木造住宅のデメリット

カテゴリー: ブログ一覧

前回は木造住宅の魅力的な部分、メリットについてご紹介しました。
今回はそんな木造住宅のデメリットについてお伝えしていこうと思います。

費用面、自由度の高さ、木材の良さなど、木造住宅のポイントには触れてきました。
では、デメリットとは具体的には何なのでしょうか?
まず初めに挙げられるのが、「耐久性の低さ」です。
定期的なメンテナンスをすることにより木の寿命を延ばすことはできますが、それでも鉄骨やコンクリート構造のものと比較すると劣ってしまいます。
対策としては定期的なメンテナンスの他に、地盤調査も有力な手段として挙げられます。
地震への耐震性を心配する方もいらっしゃるかもしれません。
耐震基準も高いのですが、その基準も先日の熊本地震で打ち砕かれてしまった家もありました。
なので、新築時は地震対策として、その土地の地盤調査をするとより一層安心できますね。

次に挙げられるのが、「火災」についてです。
木造住宅は火災に弱いというイメージを持っている方も多いのではないのでしょうか?
木造でも、コンクリート構造でも火災は発生するのですが、何が違うのかというとそれは延焼率の高さです。
木材はやはり燃えるスピードが他の構造と比べると早いという点がデメリットのひとつですね。

もうひとつは「害虫被害」です。
これは木造住宅ならではのデメリットとなります。
シロアリの被害などを耳にすることもあるのではないのでしょうか?
対策としては数年おきに一度薬剤を散布することなどがありますが、シロアリの被害には様々な問題が関わってきます。
シロアリの被害が大きくなってくると、シロアリ駆除だけでは留まらず、修繕やリフォームが必要となるケースも十分に考えられます。
一生に一度とも言われる家の購入、シロアリの影響で駆除やリフォームにお金をかけざるおえない、という状況にならないために念入りに対策してくださいね。

いかがでしたでしょうか?
地震、火災、害虫などの被害が木造だと目立ってしまいます。
理想の家づくりのためにも、十分に対策等を理解した上で木造住宅を検討してくださいね。

木造住宅のメリット

カテゴリー: ブログ一覧

住宅には様々な建築様式がありますが、その中でも木造住宅を検討されている方も多いのではないのでしょうか?
しかし、木造住宅にしかない特徴についてご存知の方はあまり多くはないのでしょうか?
そこで今回は、木造住宅にしかないメリットについて掘り下げてお伝えしていこうと思います。

まず初めにお伝えするメリットは「費用面」についてです。
他の鉄骨造住宅や鉄筋コンクリート構造のものと比較した際に、建築費用が大幅に安く済ませることができます。
建築費用で安く済んだ分、浮いたお金で内装によりこだわることができますね。
また、ここで浮いたお金は次お伝えするメリットでも存分に生かすことができます。

次にお伝えするのは「自由度の高さ」です。
「どうゆうこと?」と思われた方も多いかもしれませんね。
木造住宅は基礎と土台、柱といった構造体がしっかりさえしていれば、他の部分は自由に変えられるということです。
つまりは、間取りの制約が他の構造のものと比較しても少なく、家族が増えたりした場合も柔軟に対応できるということが、一つのメリットとなります。

最後にお伝えするのは「体感的、精神的な木材の良さ」です。
まずは体感的なものについて着目していきましょう。
木材には湿度をコントロールすることのできる機能が備わっており、室内が乾燥している時は蓄えていた水分を空気中に放出し、湿気の多い時は空気中の水分を吸収する働きが木材にはあるので、カビなどの発生も自然と防ぐことができますね。
では精神的な面での木材のメリットとは何でしょうか?
木に囲まれた家と、コンクリートで囲まれた家をイメージして比較してみてください。
何となくでも木に囲まれている方が落ち着くという印象を感じられるのではないのでしょうか?
これは科学的にも証明されている事実であり、木目は視覚からの安らぎを与え、木の匂いは疲労回復に効果があり、木に触れることで人間の脳波は安定するとまで言われています。
家に帰れば、リラックスさせてくれる環境があるというのは非常に魅力的ですよね。

いかがでしたでしょうか?
木造住宅に惹かれるものもあったのではないのでしょうか?
次回は、そんな木造住宅にも存在するデメリットについてお伝えします。

二世帯住宅が生み出す利益とは?

カテゴリー: ブログ一覧

新築一戸建て住宅を建てる際、二世帯住宅を検討される方も多いのではないのでしょうか?
では、二世帯住宅にすることによって生み出される利益についてご存知でしょうか?
そこで今回は、二世帯住宅にすることによる利益についてお伝えします。

親世帯の方の提案や、親の介護が必要となったので子世帯の提案で二世帯住宅に、などといったように二世帯住宅を検討される方には様々なケースが存在するかと思います。
しかし、二世帯住宅だと生活リズムも単世帯のものとは異なってくるので、悩む部分も多いはずです。
なので、二世帯住宅がいかに利益をもたらすか理解できれば、決断しやすくなりますよね。
では早速「利益」に着目していきましょう。

まず初めにご紹介するのは、「費用削減」です。
何の費用かと申しますと、住宅を建てる際のお金の出費を抑えれるということです。
親世帯の土地に子世帯が家を建てるケースがよく見られますが、そうなると子世帯の方は土地を購入する必要がないので、その分安く済みますよね。
ここでの費用削減は金額的にもとても助かりますね。

次にご紹介するのは、「エネルギー消費量削減」です。
単世帯と二世帯住宅で生活するイメージを比較してみてください。
二世帯で子世帯と親世帯が一緒に食事をしたならば、別々で食事をした場合よりも金銭面でもお得ですよね。
別々ではなく二世帯で生活する方が、二割以上ものエネルギー消費量を抑えることが可能なことも明らかになっています。

最後にご紹介するのは「時間の確保」です。
子供の世話というのは大変ですよね。
子供の世話に時間を取られ、自分の趣味や勉強などの時間が取れないケースも多いと思われます。
それが二世帯住宅にすることで解決できるかもしれませんよ。
親世帯の方が子供の面倒を見てくれるという家庭もあります。
そうなることで、自分のやりたいことの時間の確保ができるのは嬉しいことですね。
しかし、その逆のケースも考えられます。
子供の世話に加え、親の介護が必要となってくると負担は増えてしまいます。
家事の分担など、周りと協力することが重要となりますね。

最後の時間の確保に関して言えば、二世帯住宅でも家庭環境によって様々です。
家族構成や子供の将来など、未来のことも見据えて二世帯住宅を検討してくださいね。

地下室のデメリット

カテゴリー: ブログ一覧

前回は地下室のメリットについてお話ししていきました。では地下室のデメリットと聞いてどのような印象がありますか?
「コスト面がやっぱり・・・。」
「地下室を作るのはいいけど。」
このような印象を持たれたのではないでしょうか。
今回は地下室のデメリットについてお話ししていこうと思います。

やはり地下室はメリットだけではありません。当然デメリットもたくさんあります。その一つに工事費用がかなり高価ということが挙げられます。これはまず、建築段階で土を掘らないと行けないからです。

また、その土を運搬したりする作業や、地盤が弱っていないかを検査したり地盤強化のような別の工事がかかってきてしまうからです。

どれくらいの高さにするかで費用は変わってきますが、決して安いわけではないので注意しましょう。そして、もう一つのデメリットが光を取り入れられないことです。実はドライエリアというものを導入すると採光や通風を行いことができるのですが、それでもやはりコスト面が大きくなってきます。

このドライエリアというものは地下室の換気などを行うため寝室にする場合は必ずつけないといけません。地下室の構造は主に2パターンあり、自分の理想やコストによって選択することができます。主に鋼製の地下室とRC造地下室があります。安く地下室を作りたい場合は後者を選択しましょう。

逆に施工期間を気にする場合は前者を洗濯しましょう。このように地下室にもこのような種類と施工方法があります。

このような部分を知っておくことで自分がどのような地下室にしたいのかやどのような期間で行いたいのかを明確にできます。そして一番大切な費用面でもしっかり検討することができます。

いかがでしたでしょうか?
地下室のデメリットについて知ることができましたね。地下室と聞いて値段を一番気にしてしまうでしょう。しかしメリットデメリット両方をしっかり天秤にかける必要があります。理想にあった地下室を検討してみてくださいね。

地下室のメリット

カテゴリー: ブログ一覧

皆さんは地下室のメリットと聞いてどのような印象をお持ちでしょうか。
「え、地下室ってそもそも必要なの!?」
「地下室は費用がかかりそう・・・。」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は地下室のメリットについてお話ししていこうと思います。

地下室を作るメリットはかなりたくさんあります。まず上げることができる点としてかなり光熱費がかからないということです。地下は地上と違って温度が一定になっています。したがって、クーラーや暖房などを使用する機会がありません。電球があれば十分に快適な環境にすることができます。

気温が一定しているため、何かの保存としての空間や寝室にするとかなり有効に使用できるでしょう。そして、もう一つあげられるメリットとして高い安全性が挙げられます。地下室と聞いて正直かなり危険ではないかと感じていらっしゃる方もいると思いますが、実は地下室の方がかなり安全なんです。

地震の場合や災害が発生した場合など地下室に行けば安全を確保できます。耐震性や防火性などがあるため万が一の災害時も安全スペースとして活用できます。そして最後に防音がしっかりしている点が挙げられます。

地下の空間なので高い遮音性を発揮することができます。したがって自分の趣味などでピアノやギターなどを思う存分練習できる上、音を気にして活動するようなこともできるようになります。

映画館のような大音量での映画鑑賞など日常では出せないようなことも普通の住宅で行いことができます。このようなメッリトを生かすことができれば、個人の部屋としてやリビングとしても存分に活用できます。

いかがでしたでしょうか?地下室のメリットについて知ることができましたか。

地下室はあまりいい印象がない方もいたかもしれませんが、決して悪い面だけではないんです。安全性や災害時に、そしてものの保管場所として一度検討してみてはいかがでしょうか。今日はありがとうございました。

2 / 5123...Last