【新築を考える塩尻市民におすすめ!】適切なキッチンの広さとは? | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

【新築を考える塩尻市民におすすめ!】適切なキッチンの広さとは?

「キッチンの広さはどのくらいが適切だろう?」
「おすすめの新築キッチンの広さを教えてほしい。」
このような疑問を抱いている方はいらっしゃいませんか?
キッチンの広さは大切です。
家族を持つと、これまでとは違うキッチンの使い方が増えますよね。
あらゆる状況に対応できるキッチンが必要です。
そこで今回は、適切なキッチンの広さを説明します。

 

□一般的なキッチンのサイズ

日本で普及している対面キッチンの場合、4.5畳程度の広さです。
また、アイランドキッチンであれば、6畳程度の広さです。

 

*リビングとのバランス

キッチンは、ダイニングとリビングルームとのバランスが大切です。
仮にリビングルーム全体を16畳とします。
はじめに、16畳から通常の対面キッチンのサイズである4.5畳を引きます。
つまり、11.5畳がリビングとダイニングの広さです。
この11.5畳の制限下で、どのような空間を作りたいかをイメージしてください。
例えば、来訪者も座れるサイズのソファや大きなテーブルを置きたいなどです。
こうした家具とリビングルームのバランスも重要です。

 

□使いやすいキッチンの配置

キッチンの広さを考えるときは、実際の動きである動線のイメージも重要です。

 

*ワーキングトライアングル

ワーキングトライアングルとは、シンク、コンロ、冷蔵庫を結ぶ三角形を指します。
この三角形の三辺が、360~660センチメートル程度になることが理想とされます。
イメージは、各3点を3歩以内に行けるかどうかです。

 

*通路の幅

キッチンへの出入り通路は、80センチメートルは必要です。
出入り通路は、調理中だけでなく、料理をテーブルへと配膳する十分なスペースが必要です。
また、キッチン内のスペースは、人数に応じて変わります。
調理者が1人であれば、90センチメートル程度、2人以上であれば、120センチメートル程度は必要です。

 

*奥行き

対面キッチンを置く場合、キッチンの背面に冷蔵庫や調理道具を並べる必要があります。
そのため、十分な奥行きが必要です。
目安は、60センチメートル以上は必要です。

 

□まとめ

今回は、適切なキッチンの広さを説明しました。
キッチンの広さを考えるときは、キッチン、ダイニングとリビングルームのバランスが重要です。
また、ワーキングトライアングル、通路の幅や奥行きの確認も忘れずに行いましょう。
適切なキッチンの広さを知るために、経験豊富な建築会社へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?
当社は、基本性能が高く住み心地のよい家づくりを行っております。
塩尻市で新築住宅をご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

2019年10月2日 投稿|