上田市の注文住宅。デザイン住宅の内装のポイントをご紹介します! | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

上田市の注文住宅。デザイン住宅の内装のポイントをご紹介します!

家の購入はほとんどの人にとっては一生に一度の買い物であり、その家に生涯住むことになります。
理想の住まいにするために、内装をデザインする際のポイントをいくつか把握しておきましょう。

 

□基本のルール

内装をおしゃれに見せるために、室内のバランスをそろえるようにしましょう。
例えば、「扉の高さがを揃える」、「ダウンライトを直線に設置する」、「ニッチの間隔を揃える」といった空間に釣り合いを持たせるようにしましょう。
内装という空間がすっきりと整っていれば、物が配置されたときの空間をより美しく見せることができます。

 

□情報収集

キッチンやお風呂、コンセントの配置場所や数、照明などを決定するために、自分の理想のデザインにあった設備をつくっている会社を探し洗面台やトイレにこだわりがある場合もプロに相談しましょう。

 

□雰囲気を決める。

おしゃれなこだわりのある内装の家を建てるために、まずは理想の雰囲気を決めましょう。
カフェのような雰囲気にしたり、天井を吹き抜けにしたり、高くすることで少し小さな家でも広い空間を演出することもできます。
個性的な家具を取り入れて、部屋の空間をおしゃれに見せたいという人は、部屋の内装をシンプルにしてもいいかもしれません。

 

□家具も内装の一部である

一般的に、内装のデザインが完成してから家具を選びますが、家具も内装デザインの一部です。
デザインと家具は同時に考える、もしくは家具を決めたうえで内装のデザインを決めていくようにしましょう。
家具、カーテン、壁、床、天井の順にデザインを考えると、うまく組み合わせることができます。
また、内装の色彩にもイメージがあり、その色によっても人の気分や行動は変わってくるため、色のイメージを意識して場所によって少し明るみを持たせたりすることで、気分にもいい影響を与えることができるかもしれません。
インテリアで使用する自然材料の代表的なものは木材です。
木はそれぞれの色合いも異なり、光の当たり方によっても見え方が変わるため、自然な暮らしを感じることができ、家全体に落ち着きを与えることができます。
特に、人が常に直接触れている部分である床は、空間に非常に大きな役割を果たすため、床材は耐久性のあるこだわりを持ったものを使うようにしましょう。

 

□最後に

今回は、理想の住まいにするための内装をデザインする際のポイントをいくつかご紹介いたしました。
理想の家を完成させるために、将来の子どもの成長や就職など家族の形が変化するなど、自分たちの暮らしを想像してデザインしてみてください。

2019年3月8日 投稿|