塩尻市で注文住宅を建てたい!自然素材はメンテナンスが大変?

「注文住宅を建てたいけど、失敗したくない」
「自然素材の家はメンテナンスが大変って本当?」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
住宅の購入は一生に一度あるかないかの大きなお買い物であるため、失敗したくないですよね。
初めて住宅を購入する方は、住み始めた後のメンテナンスについて気になっている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、自然素材の家のメンテナンスについてご紹介します!

 

□自然素材の家とは

自然素材の家とは、仕上げの素材に無垢の木や珪藻土などの左官壁、石材や和紙など自然の素材を使った家のことです。
自然素材の一番の特徴は、その素材感です。
例えば無垢の木材なら、柔らかな雰囲気で肌触りもよくさらりとしています。
また、アレルギーを発症させる原因である化学物質を含まないので、小さなお子さまがいるご家庭にとっては非常に安心できます。

 

□自然素材の家のメンテナンス

自然素材の家は、上記のようなメリットがある一方で、傷がつきやすかったり、水に強くなかったりするため、汚れやすいというデメリットもあります。
そのため、メンテナンスが難しいのではないかと思いますよね。
しかし、自然素材の家のメンテナンスは、実は簡単で、正しいお手入れ方法を押さえておけば気持ちよく過ごせます。
以下で、メンテナンスの方法についてお伝えします。

*床の素材に対して行うお手入れ

自然素材の床は、水に弱く、水分を含むことで劣化が進みやすいものもあります。
そのため、水で濡れた雑巾で拭くのはあまりおすすめしません。
乾拭きで軽くふき取ることを心がけましょう。
また、汚れがある場合は中性洗剤を含ませて拭くのがおすすめです。

*壁の素材に対して行うお手入れ

壁の素材で多いのは、木材、漆喰、珪藻土などです。
いずれも、汚れがついた場合は消しゴムで軽くこすると落ちます。
また、汚れがない場合はホコリをはたいたり掃除機をかけたりするのがおすすめです。

*適度な換気

自然素材の家は、調湿効果が期待できますが、やはりその性能には限界があります。
吸い込んだ湿気を適度に吐き出すためにも、できる限り換気を心がけることが大切です。

 

□まとめ

今回は、自然素材の家のメンテナンス方法についてご紹介しました。
自然素材の家はメンテナンスが難しいと思われがちですが、実は簡単で、正しくお手入れすれば長く良い状態を保てます。
当社では、注文住宅の購入をお手伝いいたします。
ご相談、ご質問など、お気軽にご連絡ください。

2019年8月7日 投稿|