塩尻市の業者が解説!ダサい注文住宅にならないための注意点!

「注文住宅を建てたいがダサい家になってしまわないか不安」
「ダサい注文住宅にならないために、どのようなことに気を付けたら良いか教えてほしい」
注文住宅を建てようと考えている方で、このような不安や疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
せっかく注文住宅を建てるなら、外から見てダサい家じゃなくて、自慢できるおしゃれな家にしたいですよね?
そのような方々に向けて、今回はダサい注文住宅にならないための注意点についてご紹介します。

 

□実は窓が重要

注文住宅を建てる際、内装に気を取られてしまい、窓の種類や配置などはあまり考えていない方をよく見かけます。
内装は、普段の生活の満足度に直結するので大切ですが、多くの人が目にするのは家の外観です。
窓の配置や大きさにもこだわらないと、外から見てダサい家ができてしまうので注意しましょう。

 

□窓の種類

多くの住宅において、窓のほとんどは引き違い窓です。
しかし、窓にもたくさんの種類があるため、デザインにこだわるなら、窓の種類にもこだわりましょう。

*引き違い窓

最も一般的な窓で、左右にスライドして開閉します。
開け閉めするためにスペースが必要ないため、大きな窓には特におすすめです。
価格も安く、使い勝手が良いため、コストパフォーマンスの良い窓であると言えます。

*FIX窓

開閉ができない、ガラスをはめただけの窓です。
デザインがシンプルで、形を自由に決められることが特徴です。
大きな窓でも子供が落下することがなく、うっかり閉め忘れることもありません。

*上げ下げ窓

上下にスライドして開閉する窓です。
欧米ではよく使われているおしゃれな窓です。

*滑り出し窓

窓枠のレール状の溝にスライドして開閉する窓です。
全開しないように作られている窓もあり、セキュリティー面でも安心です。

 

□窓の配置

窓の配置で気を付けることは、窓の高さをそろえることです。
窓の統一感を出すだけで、見た目の印象はとてもよくなります。
あえて窓の配置をバラバラにしておしゃれにするのはセンスが必要であり、とても難しいです。
様々な家を参考にしてみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回はダサい注文住宅にならないための注意点についてお伝えしました。
おしゃれな外観には、窓の種類や配置がとても大切だということがお分かりいただけたかと思います。
様々なおしゃれな家を参考にして、自分好みの注文住宅を建ててください!

当社はお客様に寄り添い、真摯に自社設計、自社施工を行っています。
さらに、選び抜いた素材と高い施工品質によって、住み心地と耐久性の高い建築を提供できます。
塩尻市で注文住宅の購入やリフォームをご検討の方はぜひ当社にお越しください。

2019年8月20日 投稿|