家を購入するタイミングについて その3 | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

家を購入するタイミングについて その3

 

前回は家を購入するタイミングの中でも
結婚する時期の購入について解説しました。

 

結婚と同時に新居も手に入れ、
新しい生活をスタートするにのには最適かもしれませんが、
その分金銭面的な負担は多いのでしたね。
結婚の時期に家を購入する場合は資金面で
何かしらの工夫が必要になってきそうです。

 

さて今回も前回に引き続き、
家を購入するタイミングの中でもライフスタイルが変化する
時期での購入について解説していきたいと思います。

 

・子供が生まれる時
家を購入するタイミングで一番多いのが子供が生まれるタイミングでの購入です。
結婚の時と同様に子供が生まれた時も資金面で苦労したり、
一人目の子供の場合は子育てで忙しい方も思います。
しかし、子供が生まれるタイミングで家を購入することにはいくつかのメリットがございます。

 

1、子育てがしやすい
まず一つ目のメリットとしてあげられるのが子育てがしやすいことです。
子供が生まれるタイミングで購入することにより、
「治安が良い街」や「幼稚園や小学校に通いやすい場所」「万が一の時に備えて病院が近い場所」といった具合に
子育てに合わせた環境を選ぶことができます。
毎日送り向かいをする親にとっては保育園や幼稚園が近いと大変助かりますよね。
子供にとっても通学に時間がかかると帰宅が遅くなってしまったり、
事件に巻き込まれるリスクも高くなってしまいます。

 

2、教育に良い
続いて挙げられるメリットとしては教育に良いことです。
マンションや府営住宅ですとどうしても家の生活音が隣や下の階の人に響いてしまい、
家の中では満足に遊ばせてあげられない場合もございます。
外で遊ばせてあげようにも近くに公園がなかったり、広場がないと遊ぶことができません。
また犬などのペットを飼うことも子供の教育に良い影響を与えると言いますが、
マンションや府営住宅では飼えないところがほとんどですよね。
人間の成長は幼少期までの経験が大きく影響してくるとも言われています。
子供の教育のためにも広いリビングを作ったり、近くに遊べる広場があるところに家を建てるなど、
子供が伸び伸びと生活できる環境を整えることも大切なのではないでしょうか。

 

子供に合わせた環境に家を建てると逆に通勤に時間がかかったり、
大人が遊ベる場所が近くになかったりする場合もあります。
しかし、子育てのしやすさや、教育への影響を考えると
子供に合わせた環境で家を建てる方がいいのではないでしょうか。

2017年4月5日 投稿|