屋根にも2つの断熱工法が!〜天井断熱編〜 | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

屋根にも2つの断熱工法が!〜天井断熱編〜

前回は屋根断熱工法に関してお話ししていきました。
しかしまだ断熱の工法があります。
それは天井断熱です。
「天井断熱に関して初めて聞いたかもしれない。」
暖かい住宅に住むために断熱工法に関してお話ししていきます。

・天井断熱とは
これも名前の通り天井で断熱することを言います。

・天井断熱のメリット
この天井断熱の大きなメリットとして、断熱材の厚さに制限がないことが挙げられます。従って、断熱効果を高めるために厚めにしたりすることができるので自由度の高い断熱材と言えます。

そして、この断熱材のメリットとして経済的であるということが言えます。屋根断熱の時は屋根まで断熱しなくてはいけないので広い面積を断熱しなくてはいかず、光熱費がかかるものでした。しかしこの天井断熱は屋根断熱と比較して狭い範囲を断熱するのであまり光熱費がかからなくなっています。もちろんこれは冷房の時も言えます。経済的な理由としてはまだあります。この天井断熱に用いられる断熱材は屋根断熱と比較して費用が安いものになっています。ウール系の素材なので軽くて安いものを使うことができます。

・天井断熱のデメリット
天井断熱のデメリットとして小屋裏を使用することができないことが挙げられます。屋根断熱では小屋裏を最大限活用した作りになっているためなかなか断熱効果を発揮することができました。しかし天井断熱はその小屋裏をうまく活用することができないのでデッドスペースになってしまいがちになります。

そして、施工の精度も要求されます。天井ではいろんなものが出ているため安全に施工するにはかなり技術的にも難しくなります。隙間なく断熱材をちりばめないといけないので施工する側はかなり難しい技術を要求される側面があります。

いかがでしたでしょうか。天井断熱に関して知ることができましたね。ぜひ断熱に関していろんなことを知りたいという方はぜひ断熱を調べて暮らしやすい住宅を設計してみてくださいね。

2017年3月11日 投稿|