屋根にも2つの断熱工法が!〜屋根断熱編〜 | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

屋根にも2つの断熱工法が!〜屋根断熱編〜

暖かい住宅に住んでみたい。
寒い地域に住んでいらっしゃる方は断熱に憧れを持ってしまいますよね。
「断熱効果のある住宅に住んでみようかな。」
このように感じた方もいらっしゃることでしょう。
今回は屋根断熱という工法に関してお話ししていこうと思います。

・屋根断熱とは
屋根断熱とは名前の通り、屋根を活用して構造の中に断熱材を埋め込むものと断熱材を屋根の外に張る断熱方法のことを言います。

・屋根断熱のメリット
屋根断熱の大きなメリットとしては、暑さ対策には有効であるということです。従って、寒い地域に住んでいる方はあまり魅力に感じないかもしれませんが、それでも夏場や天候によってとても熱くなる地域の方はかなりメリットを感じやすい断熱工法でしょう。

また、屋根断熱のメリットとして小屋裏も活用することができるということです。小屋裏とは小さな吹き抜けやデッドスペースと言われる場所のことです。このスペースが活用することができるので、デザイン的にも小屋裏を活用できるメリットがあります。

・屋根断熱のデメリット
屋根断熱のデメリットとしてはまず、施工費が高くなってしまうことです。この屋根断熱は普段の天井よりも広くなってしまうことから施工面積も大幅に増えてしまい、結果施工費が高くなってしまいます。

また、冷暖房する箇所が増えてしまうため、なかなか光熱費を支払わなくなってしまいます。光熱費を抑えたいという思いがある方はあまりお勧めできない工法かもしれません。この理由は、小屋裏のスペースが本来なら暖房を効かす必要のない空間になるのですが、屋根断熱をすることによって暖房などで温めなければいけなくなるスペースとなるので光熱費向上につながります。

いかがでしたでしょうか。屋根断熱に関して知ることができましたね。ぜひこれから断熱工法について知りたいという方はぜひこの記事を参考にして断熱についての知識をつけていきましょう。今回はありがとうございました。

2017年3月6日 投稿|