注文住宅で二世帯住宅を建てる際に知っておくべきこと | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

注文住宅で二世帯住宅を建てる際に知っておくべきこと

みなさん、こんにちは。

住宅を建てる際には将来的なこともお考えになると思います。

 

その中で気になさる方が多いのが、自分の親であるお父さんやお母さんのことではないでしょうか。

これまで迷惑をかけたことやここまで育ててくれたことを思い返すと、歳をとったご両親のことを心配する方も多いでしょう。

また、実家から遠くに住むことになると、どうしてもその心配が大きくなると思います。

 

そんな方の中には、二世帯住宅をお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

二世帯住宅とは、同一棟の建物にお父様・お母様と、あるいは息子さん・娘さんの家族と一緒に暮らすことを指します。

しかし、二世帯住宅にもメリットとデメリットが存在します。

 

そこで今回は、二世帯住宅のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

 

◆二世帯住宅のメリット
やはり、二世帯で生活を行うことになるので一世帯で生活する時に比べて、日常生活の部分で協力できる部分が多くなってきます。

これまで共働きで家事や育児を2人でやっていくのが大変な時があったとしても、親が元気であればその部分を少し肩代わりしてくれるだけで、随分と楽な生活が送れるようになります。

そうすることで、自分だけの時間を確保することもできます。

 

また、二世帯住宅では、生活にかかる費用が少なくて済むのはもちろんのこと、家や土地を共有しているので、税金も削減することができます。

他にも家具や家電を共有することにもなるので、一般的に経済的な面で優れています。

 

◆二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅は良い部分ももちろん多くありますが、その分だけ難しい部分もあります。

例えば、家を共有するということはキッチンやリビングも共同で使うということです。

そのため、自分の空間を確保することが難しくなったり、自分の時間を割けなくなったりします。
家を建てる段階から家の間取りの工夫や、部屋に内鍵をつけるといった工夫をしておきましょう。

 

◆まとめ
二世帯住宅には、良い部分もあれば難しい問題点もあります。

その部分をしっかりと確認した上で、二世帯住宅を検討するようにしましょう。

2018年6月14日 投稿|