注文住宅を建てるのは難しい?2種類の注文住宅の特徴について | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

注文住宅を建てるのは難しい?2種類の注文住宅の特徴について

こんにちは。

みなさんはマイホームの購入を計画されていますか?

自分だけの住宅を持つことに憧れを持っている方は多いでしょう。

 

その中でも、自分の好みの家の造りを再現できる住宅を所有することをお考えの方もいらっしゃると思います。

そんな方にこそ、分譲住宅ではなく注文住宅がおすすめです。

 

今回は、そんな自分の好みを反映できる注文住宅についてご紹介したいと思います。

 

◆注文住宅と言っても、大きく2種類が存在する
注文住宅というと、自由度が高くて自分の好みの間取りなどで住宅を建てることができるといった理解をされている方が多いかと思います。

しかし、実は注文住宅にはフルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類が存在するのです。

 

では、この2種類にどのような違いがあるのでしょうか?
それは注文住宅の売りである自由度に表れています。

 

〇フルオーダー住宅
フルオーダー住宅は、その名の通り間取りや外装、内装といった建物の構造を計画して建築することのできる正真正銘の注文住宅です。

全てにおいて自分の好み通りにできる一方で、自分で考えることができる部分が多すぎるために、しっかりとした建築の知識がない場合にはフルオーダー住宅を選択するのは難しいかもしれません。

 

〇セミオーダー住宅

セミオーダー住宅は、フルオーダー住宅とは違い、間取りやお風呂やトイレといった大まかな仕様を決めることはできますが、それ以外の細かい部分について自分で決めることはできないという形になります。

フルオーダー住宅を建てる時のように建築に関する専門的知識を有していなくても建てられるのがセミオーダー住宅です。

 

◆まとめ
このように、注文住宅には2つの種類があることをご理解いただけたでしょうか?

フルオーダー住宅はハードルが高く感じてしま方でも、セミオーダー住宅であれば建てようと思う方もいらっしゃいます。

ぜひ、マイホームを建てるならば、注文住宅を建てることを検討してみてはいかがでしょうか。

2018年7月9日 投稿|