ブログ | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

松本市の注文住宅のプロが解説|長期優良住宅とは?

「寿命の長い注文住宅の購入を考えている」
「長期優良住宅というのがあると聞いたが、何かよくわからない」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
長期優良住宅とは、その名の通り長持ちする優良な住宅のことです。
しかし、実は長持ちすること以外にもメリットはたくさんあります。
そこで今回は、長期優良住宅とはいったい何か、そのメリットについてご紹介します。

 

□長期優良住宅とは?

2009年に、長期優良住宅認定制度という制度が始まりました。
この制度で、長く安全に暮らせる住宅と認定されたのが、長期優良住宅です。
認定されるには以下の基準をクリアしなくていけません。

・バリアフリー
将来、家族構成や年齢の変化によりバリアフリーリフォームをするときに、対応しやすいこと

・可変性
ライフスタイルに合わせて、間取りが柔軟に変更できることです。

・省エネ
断熱性のような次世代省エネルギー基準にあった性能があることです。

・住居環境
景観の維持や、地域の環境にも配慮していることです。

・維持保全計画
住宅のメンテナンスや修繕の計画がしっかりとしていることです。

・維持管理、更新の容易性
建物本体にダメージを与えることなく、配管や内装の変更工事ができる状態になっていることです。

・劣化対策
通常の使用の元なら100年以上住み続けられ、数世代にわたって快適に暮らせることです。

・住戸面積
一戸建てなら75平方メートル以上、マンションなら55平方メートル以上の広さが確保できていることです。

 

□長期優良住宅のメリット

*住宅ローン控除

住宅ローン控除の対象となる額の上限が一般住宅は4000万円のところを、長期優良住宅だと5000万円まで上がります。

*不動産所得税

不動産は取得したときに税金がかかります。
長期優良住宅だと、不動産所得税の控除上限額も1200万円から1300万円まで上がるので、税金を節約できます。

*登記免許税

住宅を建てたときには、法務局で所有権保存登記をします。
登記にかかる税金も優遇されます。

*固定資産税

条件をクリアしていると、一戸建ては3年間、マンションは5年間固定資産税が半額になる優遇措置があります。
これが長期優良住宅だと、一戸建ては5年間、マンションは7年間に延長されます。

 

□まとめ

今回は、長期優良住宅とはどのような住宅なのかについて、とメリットについてご紹介しました。
お金のメリットがたくさんあり、驚いた方もいるのではないでしょうか?
家はやすらぎの空間となる場です。
長期優良住宅のように長く、安全、安心に過ごせる家づくりをしましょう。

塩尻市の不動産業者が解説|おすすめの二世帯住宅の間取りとは?

「二世帯住宅のおすすめの間取りが知りたい」
「自分たちのライフスタイルにあった二世帯住宅の間取りにしたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
二世帯住宅は一般の住宅とは異なった特殊な住宅です。
そのため、それぞれの世帯のライフスタイルにあった間取りにすることが大切です。
そこで、今回は二世帯住宅のおすすめの間取りについてご紹介します。

 

□二世帯住宅の間取りを考えるポイント

間取りを考えるときには、主に3つのポイントを重視します。

*家族構成

それぞれの世帯の帰宅時間やご飯の時間を考えて間取りを考える必要があります。
また、小さな子どもがいるなら、遊び場を親世帯の寝室と離すような工夫が必要です。

*経済面

間取りを二世帯で完全に分けるのか、共有部分を作るのかでかかる費用が変わってきます。
完全に分けた間取りだと、建築費や光熱費のような生活費も高くなります。
メーターを別にするような工夫が必要です。

*将来

将来の親の介護を考えて二世帯住宅を検討している方が多いです。
家族構成の変化や、車いすの使いやすさ、介護のしやすさを考慮して間取りを蹴ってしましょう。

 

□二世帯住宅の間取りの種類

*完全同居型

寝室だけは世帯それぞれに必要な数だけ用意して、それ以外は共有するタイプが完全同居型です。
建築費用も抑えられて、生活費も節約できるようなメリットがあります。
また、二世帯の交流も盛んになるので大家族の雰囲気を楽しめます。
ただ、家事を分担したり、生活時間を配慮したりすることが必要で、世帯間の関係が良好なことが重要です。

*部分共有型

玄関、浴室、洗面所のような一部分を共有で使用するタイプの二世帯住宅です。
それぞれの世帯のプライバシーを配慮しつつ、一緒に暮らせます。
一階に親の世帯、二階に子どもの世帯を設けることが多いです。
深夜の生活音、子どもの遊ぶ音や、浴室のような共有部分の音も気を付けなくてはいけません。

*完全分離型

全ての間取りが完全に分かれている住宅なので、それぞれの世帯ごとに自由に暮らせます。
マンションやアパートで隣の部屋で暮らすようなイメージです。
建築費はほぼ二つの住宅を作ることになるので、費用は高くなります。
しかし、普段は干渉しなくてもいざというときには対応しやすいというメリットがあります。

 

□まとめ

 

今回は、二世帯住宅の間取りについてご紹介しました。
お互いの世帯の生活スタイルを考えながら暮らしやすい二世帯住宅を作りましょう。

自然を満喫🌳

こんにちは

初めてのブログを担当します新築事業部のクマガイです。

 

GW明けのブログということで、休み中の出来事について書こうと思います。

世の中では10連休、皆さんはどのような連休を過ごしましたか?

 

先日、新潟県十日町市にある「清津峡渓谷トンネル」へ行ってきました。

清津峡はZIPでも放送されており、今流行りのインスタ映えスポットとしても紹介されていました。

全長は750mのトンネルに、4か所のポイントがあります。

 

それぞれの場所で面白い仕掛けがありますが

おすすめは一番奥にあるこのポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、建築家マ・ヤンソン率いるマッド・アーキテクツが仕掛けたインスタレーションになります。

天井にはステンレス板が張られ、床には渓谷の水を張り、清津峡の自然を鏡のように反射する、

とても幻想的な仕掛けになってます。

見る時間や季節によって見え方が変わるので、機会があればまた行ってみたい場所です。

(次行く時は、人の居ない時間帯を選んで行ってみたいです。(笑))

 

行く道中では、決して濁ることのない池と言われる「龍ヶ窪の池」や

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど開催されておりました「飯山の菜の花祭り」にも寄りながら

自然を満喫した1日となりました。

 

 

 

 

 

 

松本の春

カテゴリー: 未分類

皆様、暖かい春如何お過ごしでしょうか?

とは言いましても、急に肌寒かったりして天気も落ち着きませんね。

 

今回は、自宅より松本駅前まで歩いた時の様子をご覧いただきたいと思います。

 

桜が やや散り始めの頃と、緑 が眩しい頃合の様子です。

 

4月20日頃です。

開智学校近辺の桜です。

景色が桃色~。

 

 

 

 

 

 

 

女鳥羽川の様子です。

とてもきれいで落ち着きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月初旬。

開智学校の周りも 緑が生い茂ってますね。

緑が眩しいです。

 

 

 

 

 

 

 

女鳥羽川の涼しげな感じが、春なのに夏を思わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした散歩でしたが、

松本の街も車に乗っていたら気付けないような路地もあったりして、

まだまだ奥が深いなぁと思いました。

拙い文章に最後までお付き合い頂き恐縮です。

 

工事部のアカザワでした。

 

 

 

長野市でデザイン住宅をお考えの方に!その特徴を解説します

「新しく家を購入しようと思っていて、デザイン住宅を考慮に入れている。」
「デザイン住宅の購入を検討しているが、その特徴を把握しておきたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
家を購入しようとされている方の中にはデザイン住宅を検討されたことのある方も少なくないようです。
今回は新しく家を購入しようとしておられる方にデザイン住宅の特徴をご紹介します。

□デザイン住宅とは?

建築家や建築士、建築事務所が設計したデザイン性に富んだ住宅とお考えの方が多いのではないでしょうか?
既に設計されて建てられた状態で売りに出される建売住宅とは異なり、自分のライフスタイルや好みを住宅に反映させることができる住宅と言えます。

□特徴

デザイン住宅の特徴を見ていきましょう。
デザイン住宅を購入する前にメリットとデメリットの両方を把握しておくことが大切です。

*メリット

最も大きなメリットは高い自由度がある点です。
住宅の外観や室内の間取り、内装などの事柄を自分の好みやライフスタイルに合わせて決めることが可能です。
あらかじめ建てられて売られている家と比べて満足のいく家を手にすることができると言えるでしょう。
また、デザイン住宅はお客様の意見を反映させて設計を進めるため全く同じ家が建てられることはありません。
世界で一つだけの家を建てられるところもメリットのひとつですよね。

*デメリット

デザイン住宅を購入する際に注意しておきたいデメリットは入居までに長い期間を要することです。
建売住宅とは異なり、相談して決めることが多いデザイン住宅では、完成までにそれなりの時間がかかってしまいます。
契約時にかかる手間も通常よりかかることも注意しておきたい点です。
また、費用が膨らみやすいこともデメリットのひとつと言うことができます。
しかしグレードアップやグレードダウンを行うことは可能ですので、押さえておきたいポイントに重点を置くことで費用を調節することはできます。
自分の希望や重視するポイント、予算を伝えて業者としっかりと相談し、満足のいく住宅をデザインしてもらうようにしてくださいね。

□まとめ

今回は家の購入をお考えの方に向けてデザイン住宅の特徴について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
デザイン住宅には建売住宅には無いメリットがたくさんあることがお分かりいただければ幸いです。
特徴を把握した上で、業者と相談してどのような家を購入するのかを決めてくださいね。

なれない新年号

カテゴリー: 出来事

こんにちは、毎日松本市周辺の現場を走り回っている、現場管理のマルヤマです。

GWに入り暖かくなるのかと思いきや、肌寒い日がありましたね。

先日、5月1日に新しい年号『令和』になりました!

昭和生まれの私は、これで2つ目の年号になります。あと一つ変わる所まで生きれれば良いかと思う今日この頃です。

弊社で利用している様々な書類に『H』もしくは『平』のマークがあります。そのすべてが『R』に代わる事となるのですが、お客様にお出しする書類・社内での書類・・・どんだけあるんだろーと思ったらぞっとしました。

 

 

話しは変わって元に戻りますが、我が家の愛犬、トイプーの『アムロ君』♂も冬を越して暖かくなる予定だったものですから、もこもこ犬から春バージョンにカットしてみました!

 

<Before>

 

 

<After>

 

バリカンでガンガン刈る事1時間・その後、ハサミで調整する事1時間。四苦八苦しながらなんとかこんな感じで仕上がりました!

大工さんや色々な職人さんもそうですが、トリマーさんてすごいと改めて思わされました!

丸刈りにされた『アムロ君』は寒さのあまり布団の上で丸まっている今日この頃です。

くだらない話にお付き合いいただきありがとうございました。

では、この辺で!

毎日、松本市周辺の現場を走り回っている、現場管理のマルヤマでした。

 

春の陽気

こんにちは。新築事業部のマツモトです。

寒い日もだんだんと勢いをゆるめ、温かい日がちらほら続き

季節が変わるな~とほっこり感じることが多くなりました。

 

そんな緩い雰囲気を感じつつ先日、安曇野にある碌山美術館に行って参りました。

 

 

 

 

 

 

 

建物の厳かな雰囲気も春の陽気に包まれているかのようで見ごたえがございました。

展示品の中には自分が生きている時代よりおおよそ100年ほど前に製作されたものもあり

先達の息遣いが聞こえてくるようで活力をいただくことができました。

 

良き季節となってきたのでいろいろな場所に足を運びたいと思わせられる一日となりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

上田市で注文住宅をお考えの方に!自然素材のメリットをご紹介

「注文住宅の購入を考えていて、自然素材を取り入れようかどうか迷っている。」
「家に自然素材を使用すると良いと聞いたので、詳しく知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
最近住宅に自然素材を取り入れたいという方が増えてきていますが、自然素材について詳しく知っている方はまだ少なくないようです。
そこで今回は自然素材を住宅に使用するメリットとデメリットをご紹介します。

□自然素材のメリットとは?

*人体に優しい

シックハウス症候群など化学物質が原因の人体に関係する問題は注目を集めています。
自然素材はそういった問題の原因である有害な化学物質があまり含まれていないため、化学物質に敏感な方におすすめです。

*環境に優しい

人工物ではないため、自然素材は廃棄の際に自然に戻ります。
環境問題が多く取り上げられる現在、環境に優しい自然素材は需要が高まりつつあるのです。

*断熱効果と調湿効果

無垢材や塗り壁などの自然素材は断熱効果や調湿効果を持っています。
湿気の多い日本では湿気対策は住宅に欠かせません。
自然素材は湿度が高いときには水分を吸収し、乾燥しているときには吸収していた水分を放出してくれる優れた素材なのです。

*その他

人工の素材にはない素材の温もりや心地よい肌触りがあります。
見た目も経年とともに変化していくため、変化を楽しむこともできます。

□自然素材のデメリットとは?

*品質のばらつき

自然素材は人工の素材や工業製品とは異なるため、均質な素材ではありません。
そのため同じ素材の中でも多少の差が出てしまうことは仕方のないことと言えるでしょう。
ムラやばらつきをデメリットとする人がいる一方、自然素材ならではの味わいある見た目と考える方もいらっしゃいます。

*メンテナンス

使いやすさや耐久性に重点を置いている製品ではないため、メンテナンスに手間がかかってしまうことが難点です。

*虫害

自然素材の中には虫による被害を受けるものもあります。
自然ならではと言えるデメリットですが、対策を行うことで虫害の心配はある程度抑えることができます。

*価格

人工の素材に比べて価格が高いこともデメリットのひとつとされています。
コストがかかるものの人体にも環境にも優しい素材ですから、メリットとデメリットの両方を理解して使用するかどうかを決めると良いでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に自然素材を取り入れるメリットとデメリットについて説明しましたがいかがだったでしょうか?
住宅に関することで分からないことや聞いておきたいことがあれば、ぜひ一度業者に相談してくださいね。

匠の技

こんにちは!!

やっと暖かくなったなと思いきや…

ここ数日は少し寒い日が続いており、

なかなか冬物の上着を手放せずにいる工事のヤナギサワです。

 

5月18日(土)、5月19日(日)

にサンプロマルシェを行います!!

 

大人気のこども工務店の準備の様子をお届け致します^^*

 

 

 

 

 

 

 

今回のこども工務店は…

大工さんによる「仕口のデモストレーション」を行います!!

仕口?デモストレーション??

「仕口ってなに?!」

という方、とても多いかと思います。

お恥ずかしいながら私も知ったのはつい最近です💦

 

仕口(しぐち)とは、2つ以上の木材を直角方向に接合するための工法で、

釘などを使用しない工法として昔から使用されています。

仕口は、

「上下の力に強い」「横からの力に強い」

「ねじれに強い」「引っ張りに強い」

などなど、力の加わり方によって形が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は「大栓金輪継」という工法です。

大栓金輪継は柱や梁、桁を繋ぐために多く用いられます。

 

 

 

大人が2人乗っても折れません!!!

 

 

 

 

 

マルシェ当日は、

こちらを大工さんが実演してくれます‼

105㎜×105㎜の柱に墨を出し、

加工していきます。

 

なかなか見ることのできない匠の技を見に、是非会場にいらしてください!

こどもだけでなく、大人も楽しめること間違いなしです☆

 

 

 

 

 

 

 

上田市で注文住宅なら!玄関を使いやすくする工夫をご紹介

「注文住宅を購入しようと思うが、玄関の間取りを決めるのに悩んでいる。」
「注文住宅で玄関を使いやすいようにデザインしてほしい。どのような工夫があるだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
玄関は毎日使用する場所ですから、使いにくいデザインにはしたくないですよね。
そこで今回は、注文住宅をお考えの方に玄関を使いやすい空間にするための工夫をご紹介します。

□使いやすい玄関にするための工夫

*ドア

玄関を使いやすい空間にするにはまずドアから考えることが必要です。
一口にドアと言っても「引き戸」「片開きドア」「両開きドア」など様々な種類があります。
どのドアにもメリットとデメリットがあるため、家族の好みやライフスタイルも考慮に入れて決める必要があるでしょう。
また、デザインや性能も併せて考えるようにしてくださいね。

*収納

以外に忘れがちなのが収納面です。
引っ越し前は満足のいく玄関に見えても、いざ住み始めてみると靴の収納スペースが足りず困ってしまったという方も少なくありません。
また、お子様がいらっしゃる場合はおもちゃなど遊び道具の収納スペースも必要になりますよね。
収納のためのスペースは十分に取っておいて損はないため、どれくらいのスペースが必要かを考えておくことが重要です。

*鏡

玄関にあると便利なものとして鏡を挙げられる方は多くいらっしゃいます。
お出かけ前の確認に必要な鏡の設置を考えてみてはいかがでしょうか?

*手すり

小さなお子様や、足腰の弱い高齢者の方が家族にいらっしゃる場合は手すりの設置をおすすめします。
段差のある玄関の場合、手すりがあると上り下りが楽になって使いやすい玄関になります。

*照明

玄関を使う上で必要なのが照明です。
使いやすい位置に照明のスイッチを設置することや、人感センサーの照明を使用することをおすすめします。
おしゃれさも重要ですが、夜遅くに帰ってきたときなどでも使いやすいように実用性に富んだ照明にすることが重要です。

*セキュリティー

家のセキュリティーに大きく関わるのが玄関です。
ドアホンの設置を行うなどセキュリティー対策についてもしっかり考えてくださいね。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて玄関を使いやすい空間にするための工夫をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
注文住宅では自分好みの家を建てるために様々な箇所のデザインを決めるのに悩んでしまう方が多くいらっしゃいます。
注文住宅に関して悩んでいることや聞いておきたいことがあれば、業者に相談してくださいね。

2 / 64123...Last