ミニマルだから映える素材 余白が心地よい大空間の家

ミニマルだから映える素材 余白が心地よい大空間の家 安曇野市/T様邸/家族構成:2人

窓の位置など水平のラインがそろい、すっきりとスタイリッシュな印象の外観。デッキ部分の外壁にはスギの羽目板で変化を付けた。外観デザインにもこだわったご主人は、違和感なくなじむ雨どいも自ら探したという

Story

空間を生かせる動線を確保
ムダを省いて余白を持たせ心地よい暮らしに

安曇野の山並みを望める場所に、新居を構えたご夫妻。家づくりはウェブでの情報集めからスタート。いくつかを比較検討するうちに気づいたのは、「知ること、理解すること、想像すること。そして細部にこそ手を抜かないこと」の大切さ。その結果、たどり着いたのが完全自由設計のサンプロ。断熱や耐震といった基本性能の高さに加え、設計担当者の自宅見学の折、「生活動線の工夫やシンプルな内外観から、自分達と感性が似通っているな」と感じたのだという。
共働きのご夫妻にとって、効率のいい生活動線は最重要ポイント。「見せる収納は苦手なので」と、扉のあるしまう収納を選択し、空間はシンプルに徹した。結果的に生まれたのが、スペースのゆとりや広い壁面。ご主人が「余白」と表現するその部分が素材の上質感や空間の品格を高めている。またT邸で印象的なのが、リビング上部の大きな吹き抜け。高さ5.4mの吹き抜け天井は独特の色ムラが美しいレッドシダー張りで、ナチュラルテイストの空間にリズムをプラスしている。一方でダイニング・キッチン側には天井を設け、ほっこり落ち着ける雰囲気に。キッチン横のパントリーからは水回りにも直行でき、テーマである“効率の良い生活動線”はここでも真価を発揮している。
「よく、『3回建てないと満足いく家ができない』と言いますが、いい意味で裏切られました。最初の提案から始まり、素敵なスタッフさんと一緒に楽しい家づくりができたことに大満足」と語るご夫妻。その穏やかな笑顔から、日々の暮らしの快適さが伝わってきた。

左:自然光がたっぷり入る吹き抜けのLDK。自然素材の白い壁と天然木が調和する大空間ながら、薪ストーブの暖気が家中をパワフルに暖めてくれる。優れた断熱性能と相まって、「冷え性の私でも快適な冬が過ごせました」と奥さま/右:お気に入りのペンダントライトと県内の家具工房にオーダーしたテーブルが、温もりを添えるダイニングキッチン。収納やカウンターも、木目×ホワイトでナチュラルにコーディネート

伸びやかなリビングも“しまう収納”で生活感をカット。TVボードもオーダー家具で、脚に使われた金属はポストを製作した作家さんの作品だったという偶然も

左:玄関ポーチにあしらった真鍮製のポストが、住む人のセンスの高さを感じさせる。ポストも県内の金属作家の作品で、手づくりの温もりを漂わせる/右:窓辺にカウンターを設け、ちょっとした作業デスクとしても重宝。上下に窓を配置し、北向きでも明るさは十分だ

左:吹き抜けを望む位置にある書斎。面積以上の広さを感じられる贅沢スペース/右:水回り方面からリビングを望む。「キッチンと水回りが近いから、同時進行で家事を進めやすくなりました」と奥さま。2本の柱と梁が、空間のアクセントに

左:ガラスタイルが清潔感を演出する、爽やかコーディネートで仕上げたトイレ/右:階段や吹き抜けの手すり、ストーブの背面はホワイトに。空間に調和しつつ、薪ストーブの黒がキリッと冴えるカラーリング

左:個性的な壁面のタイルとヘリンボーンの床がお洒落な洗面所。キッチン~パントリーからの動線もよく、機能とデザインを両立/右:レッドシダーの天井と無垢材の床が伸びやかな2階廊下。吹き抜けを通じ、どこにいても家族の気配を感じられる一体感がある

リビング階段からLDKを見下ろす。上質な素材と空間のゆとりが、暮らしをセンスアップしてくれる

Plan & Data

敷地面積
約92.49坪
延床面積
129.90㎡(39.29坪)
1F面積
77.73㎡(23.51坪)
2F面積
52.17㎡(15.78坪)

著作権について
このページに記載されている記事本文、写真等は「ナガノの家」VOL.14より転載しています。
こちらの情報の著作権は、株式会社長野こまちに帰属します。

VIEW ALL
ホーム > ミニマルだから映える素材 余白が心地よい大空間の家