塩尻市で注文住宅を建てたい方必見!子育てをしやすい間取りを紹介します!

「塩尻市で注文住宅を建てたいけど分からないことや迷うことが多い」
「子育てがしやすい住宅の間取りを知りたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
注文住宅を建てたことがない方は、分からないことや迷ってしまうことが多いですよね。
特に、子育てを考慮した間取りを考える際は、分からないことや迷ってしまうことが多いと思います。
そこで今回は、子育てをしやすい間取りにするための視点について紹介してください。

 

□子育てをしやすい間取りにするための視点

 

*リビングを広くする

子育てにおいて、リビングの広さはとても重要です。
リビングが広いと、家事をしながら、子どもの様子を観察できます。
常に目の届く位置に子どもがいてくれれば安心ですよね。
また、子どもが大きくなったときも、リビングが広いと人が集まりやすいため、家族の交流の場として活躍します。

 

*玄関を広くする

玄関の広さも子育てにおいては重要です。
子どもと外に出かけるときや外から帰ってきたときは、多くの荷物の準備・片付けをする必要があります。
この際に、玄関が狭いと多くの手間と時間がかかってしまいます。
できれば、畳んだベビーカーを置いておけるだけの広さは確保しておいた方が良いです。

 

*ウッドデッキを作る

庭のスペースに余裕がある場合は、ウッドデッキを作ることをおすすめします。
ウッドデッキは、靴を履かなくてもいいため、気軽に子どもと外で遊べます。
また、自分の敷地で遊べるため、周りの目を気にする必要がなく、のびのびと子どもとの時間を楽しめます。

 

*和室を作る

最近は、和室が少なくなってきていますが、和室は子育てにとても向いています。
和室の特徴でもある畳には、クッション性があるので、ひっくり返ったり、ころんだりしても怪我をする可能性が低いです。
また、敷布団はソファやベッドのように床との高低差がないので、子どもを安心して寝かせられます。

 

□まとめ

今回は、子育てをしやすい間取りにするための視点について紹介しました。
子育てを考慮した間取りにするためには、色んな視点や方法があります。
注文住宅の間取りで迷っている方は、今回紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社には、注文住宅やリフォームに関しての知識や実績が豊富なスタッフが在籍しています。
そして、塩尻市を中心に、基本性能が高くて住み心地のよい家づくりを行っています。
塩尻市で注文住宅を検討している方や何か分からないことがある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

2020年1月14日 投稿|