注文住宅の意味!注文住宅には2つの種類がある?

投稿日:2018年01月16日

皆さんは、注文住宅でどのような家を建てたいですか?
注文住宅と聞くと、何か自分たちの思い通りにできるのではないかと思い、とても魅力的に感じますよね。
ただ、注文住宅にも種類があります。

 

それによって、どの程度自分たちの思い通りの家にできるのかが決まります。
そこで、今回は注文住宅の種類についてご紹介したいと思います

 

◆注文住宅の2つの種類!

注文住宅にするのであれば、注文住宅の種類について知っておくべきですよね。
注文住宅には、主に2つの種類があります。
それは、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類です。
それでは、それぞれの特徴をお伝えします。

 

・フルオーダー住宅

フルオーダー住宅は、使う素材や種類といった細かいところから皆さんが選ぶという方式です。
基本的には、注文住宅に関するすべてのことを皆さんが決めるということになります。
これは、最も皆さんの希望に沿った家を建てられます。

 

やはり、注文住宅にしたのであれば、すべてを自分たちで決めたいという方もいらっしゃると思います。
そのような方には、フルオーダー住宅おすすめです。
ただ、建築の知識が必要であることや、完成までかかる期間が長くなりやすいというデメリットもあります。

 

・セミオーダー住宅

セミオーダー住宅は、基本的な使用は決まっていて、限定的な部分のみ皆さんが決めるという方式です。
こちらは、すべてを皆さんが決められないというデメリットがありますが、深い建築の知識がいらないため、負担が少なくて済みます。

 

そのため、セミオーダー住宅を利用される方は多くいらっしゃいます。
フルオーダー住宅とセミオーダー住宅のどちらを選ぶかは、皆さんがどのような家を建てたいかによって変わってくるでしょう。

 

◆まとめ

ここまで、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2つの注文住宅の種類についてご紹介しました。
自分たちで決められるということは、大変価値のあることです。
注文住宅にするのであれば、皆さんの理想とする素敵な家を建ててくださいね。

生まれ変わります!

投稿日:2018年01月15日

皆様 こんにちは。 さくらいです

 

厳しい寒さが続く今日この頃

 

合言葉のように口にするのは「寒い!」

 

言っても仕方ないとわかっていてもつい出てしまいます

 

そして事務所でもマスク族が増えてまいりました

 

今のところインフルエンザにかかった人はいないようですが

 

昨年 人生初のインフルエンザになった私はドキドキです

 

 

さてそんな寒さの中 サンプロでは只今社屋を改装中です

 

この寒さの中 黙々と機敏に動き回る職人さん達を見ていると

 

「寒い!」なんて言ってられませんね

 

 

ご覧の通り一見 休業中?ともとれますが

 

しっかり営業しています

 

暫くの間ご迷惑をお掛けしておりますが

 

生まれ変わるサンプロをどうぞお楽しみに!

 

 

 

リニューアル中

投稿日:2018年01月11日

長野支店工事部の相澤です。

 

今日は鏡開き。

皆さんは、お餅を何で召し上がっていますでしょうか。

お汁粉やぜんざいにしていただく方が多いかと思いますが、私はお雑煮派です。

 

一年の無病息災を願い、お雑煮を頂きながら今年も頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只今、サンプロの塩尻本社、松本支店、長野支店はリニューアルに向けて

改装工事をしております。

 

ご来場、お打合せのお客様には大変ご迷惑、ご不便をお掛け致しますが

宜しくお願い致します。

 

リニューアルする本社、各支店にご期待ください!

注文住宅を建てる方必見!間取りを考える際のポイント3選

投稿日:2018年01月11日

これから夢のマイホームを建てようとしている皆さん、間取りについてしっかり考えたことはありますか?
「建築士さんにお任せしている…….。」
という方も少なくないと思います。

ですが、暮らし方は人によって、家族によってそれぞれです。ご家族のライフスタイルにあった暮らしやすい家にするためには、自分たちも間取りについてしっかり考え、実際の家づくりに意見や考えを取り入れていく必要があります。
そこで今回は、間取りを考える際の3つのポイントについてご紹介していきます!

 

1.実際の生活を想像する

先ほども述べたように、住む人によってライフスタイルはさまざまです。ある家が他の人にとって住みやすいからといって、あなた自身や家族にとっても住みやすい家になるかどうかはわかりません。
ですから、間取りを考えていく際にはまず、ご家族の普段の生活を思い起こして、実際に家を建てたときの暮らしをイメージすることが不可欠です。

効率的な生活動線や家事動線を実現できるように間取りを設計していきましょう。

 

2.周りの環境も考慮する

暮らしやすい家は、その家の置かれている環境を考慮せずには実現できません。
まずは、家を建てる敷地の形や広さから始まり、日当たり、風通しまでチェックしましょう。

周辺に大きい建物があるのかどうか、住宅街なのか都心部なのかといった敷地周辺の環境によって日当たりや風通しは大きく変わってきます。
敷地の個性をしっかり理解し、どのようにすれば自然の光と風を取り入れ、暮らしやすい家にできるか考えながら間取りを決めていくことが重要です。

 

3.将来の生活も見据える

最後は多くの方が見落としがちなポイントです。それは、将来のことも考えて間取りを設計する、ということです。
ほとんどの方が家を建てるときの暮らしのことだけを考えて間取りを決めてしまいます。

しかし、それでは当初は暮らしやすくても、将来的にライフスタイルの変化が起こったときに、暮らしにくい家になってしまうかもしれません。
将来的なお子さんの成長やご両親の介護、ご自身の老後のことも含めて間取りを考えることによって、ずっと暮らしやすく快適な家にすることができるのです!

 

・まとめ

ここまで間取りを考えていくにあたって重要なポイントを3つご紹介してきましたが、いかがでしたか。
冒頭でも述べたように、暮らしやすい家にするためには間取りを十分に考慮して設計する必要があります。
皆さんもぜひ、今回ご紹介したポイントに注意して夢のマイホームを手に入れてください!

新年明けましておめでとうございます。

投稿日:2018年01月07日

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

皆さん、お正月はいかがお過ごしになったでしょうか。

私は、天皇杯サッカー決勝、箱根駅伝、上田西サッカー部の大躍進と、TVの前でしっかりと寝正月を満喫していました。

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

この年末年始からサンプロのTVCMが放送されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプロのモデルハウスをアニメーションでご紹介。

「ポップコーンワルツ」という高橋ちかさんのポップなサウンドがとても印象にのこるCMです。

また信濃毎日新聞のテレビ欄にて新年のご挨拶を掲載させていただきました。

干支と季節をモチーフに花札の様なイラストで表現した「日本のお正月」

 

 

 

 

 

 

 

今年も皆さんに喜んでいただける様、我々サンプロは邁進して行きます。

どうぞ期待していてください。。

設計担当 カマクラ

 

二世帯住宅にするなら!バリアフリー住宅のすすめ

投稿日:2018年01月06日

二世帯住宅を建てる、あるいはマイホームを二世帯住宅にリフォームすることを考えてる方の中には、バリアフリーの家にしようと計画している方も少なくないと思います。
あるいは、
「バリアフリー住宅にすることなんて考えたこともなかった!」
という方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「バリアフリー住宅のすすめ」ということでバリアフリー住宅について徹底解説していきます!

 

・そもそもバリアフリー住宅とは

バリアフリーとは、高齢者や障害者などの社会的弱者が社会生活を送る上で支障となるような障害を取り除くこと、あるいは取り除かれた状態を言います。
バリアフリー住宅とは、バリアフリーを実現した、高齢者や車椅子の方にとっても暮らしやすい家のことです。

 

・バリアフリー住宅の例

バリアフリー住宅の例としては、段差がない家や手すりを設けた家、扉の幅を広くした家などが挙げられます。
段差がない家では、ちょっとした高低差があるところにはスロープが用意されていたり、階段以外にエレベーターが設置されていたりして、足が不自由な方でも暮らしやすいように工夫がされています。

また、手すりを設けるポイントとしては廊下やトイレ、風呂場などがあります。
なお、トイレや風呂場については、手すりに限らず、バリアフリーモデルが用意されており、バリアフリー住宅ではそれらが利用されていることが多いです。

 

・バリアフリー二世帯住宅の魅力

バリアフリー住宅の魅力としては、やはりバリアフリーなので高齢者や車椅子の方が暮らしやすいということが大きいです。
二世帯住宅の場合には、そのことは同居する子世帯の家族にとってもメリットです。というのはバリアフリーの方の介護やサポートがしやすいからです。また、そもそもの親御さんの怪我のリスクを減らすことができるので、安心できます。

 

・まとめ

ここまでバリアフリー住宅について徹底解説してきましたが、いかがでしたか。
二世帯住宅を考えている方はぜひ、バリアフリーにすることをオススメします。

知らなきゃ損!住宅ローンの金利 3つのタイプとは

投稿日:2018年01月01日

これからマイホームを建てるというときや、マイホームをリフォームするというとき、住宅ローンを利用される方が多いでしょう。
この住宅ローン、実は金利の仕組みにいろいろな種類があるのですが、今回は主な3つについてご紹介していきます!

 

1.変動金利型

まずは、市場金利の変動にあわせて、そのローンの金利も変動していくタイプです。一般的に金利は年に2回見直されますが、返済額は5年ごとに変更されます。

このように変動金利型はローンの金利が市場金利に左右されるため、市場金利が下がった場合は得することになりますが、市場金利が上がった場合には損することになります。

また、金融情勢が読めないと、計画的に返済することができません。
金利が上がるリスクはありますが、市場金利が将来的に下がることが見込める状況ならば、変動金利型がオススメです。

 

2.全期間固定金利型

次に、ローンを借り入れる際に契約で決めた金利が、返済が終了するまで変わらないタイプをご紹介します。このタイプの代表格として「フラット35」が広く知られています。

金利が将来にわたって一定なので、返済計画がたてやすく、家計の管理もしやすいというメリットがあります。また市場金利が低い時に規約すれば、市場金利が上昇してもその影響を受けないのでお得です。

一方で市場金利が下落した場合は損をしてしまいます。
また固定金利型の場合、このような特性があることから、金融機関側のリスクを軽減するために契約時の相場よりも少し高めに金利が設定されます。 

 

3.固定金利選択型

最後は、変動型と固定型を組み合わせたタイプです。契約時から5年間や10年間といった期間は固定金利で、その期間が満了するとそこから変動金利に移行するか、再び固定金利期間を設けるか選ぶことができる、フレキシブルなタイプです。
とりあえずは計画的に返済したいが、金利が下がったら変動金利型に移行したいという方にはピッタリです。
ただし、固定金利の期間中でも変動金利に自由に移行できるというわけではないことに注意が必要です。

 

・まとめ

ここまで住宅ローンの金利をタイプ別に3つご紹介してきましたが、いかがでしたか。
それぞれのタイプに長所・短所があるので、市場金利の状況を考慮して、どのタイプにするか慎重に選びましょう!

今年のくくり・・

投稿日:2017年12月28日

毎年の事ですが気が付けば今年も残す所あと3日ですね。。

そんな時期の朝の挨拶は『寒~い!』になってしまっております。。

こんにちはクマクラです☺

 

今年は本当によく活動しました・・

2月の台湾旅行からスタートし、ほぼ毎月どこかに旅行に出かけるという今までの人生でこんなにも行動し、充実た1年があっただろうか・・Σ(・□・;)

中でも一番はやっぱり京都の紅葉かな(^^♪(景色が水面に鏡のように写ってるんです)

 

なので今年は記録も多くてiPhoneの写真を先日、1年のくくりとして見返すと今年は沢山の思い出が記録されておりました(笑)

一年の振り返りで写真整理するってあまりした事のない私・・

この年末年始にgoogleフォトデビューしようかと考えているこの頃です。

 

仕事もこの1年の”くくり”として色々と振り返っては気付いてみたり、反省たり、笑ったり。

そしてもう少しでやってくる来年の目標を立てたりしてます。

今年は色々と考える機会を頂けた年でした。

この機会を無駄にせず新しい歳を迎え仕事やプライベートに生かしていきたいと思っています。

 

来年も、皆さまの大切な家つくりをていねいにお手伝い出来るようにがんばります☺

 

 

 

 

 

 

 

暮らしやすい家の4つのポイントについて徹底解説!

投稿日:2017年12月27日

これから新築・注文住宅を建てようとしている方の中には、暮らしやすい家にするにはどうすればいいのだろうかとお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、暮らしやすい家にするために考えるべき4つのポイントをご紹介していきます!

 

1.ライフスタイルにあった間取り

家づくりの際、間取りは最も重要です。各々のライフスタイルや考え方に合わせて、適切な間取りにすることが大切です。
キッチンのタイプや位置、トイレやお風呂の場所、そして階段の配置など、実際の生活動線、家事動線を考慮して決めていきたいですね。
また、家を建てるタイミングでの暮らしだけではなく、子供の成長や自らの老後のことも考えて間取りを設計することによって、将来にわたって快適な暮らしを実現できますよ!

 

2.日当たりのよさ

次に、日当たりのよさも大切です。
日当たりがよければ洗濯物もよく乾き、自然な明かりの中で快適に暮らすことができます。
逆に、日当たりが悪いと洗濯物も乾きにくいですし、衛生的にもよくありません。光が差さない部屋は湿気が溜まりやすく、カビが発生してしまいます。

また、光が差さない部屋で長時間過ごしてしまうと、体内時計が狂い、生活リズムも乱れてしまいます。
健康的に生活していくためにも、どのようにすればより多くの日光を取り入れられるかを考えて家づくりをしましょう!

 

3.熱効率のよさ

3つ目に、見た目にはわかりにくい重要なポイントとして、熱効率が挙げられます。
熱効率が悪いと、冷暖房をその分だけ多く使う必要があり、光熱費もかかりますし、環境にも悪いです。
逆に、断熱や遮熱や窓の性能にも気を使い、熱効率をしっかりと考えると、冷暖房をあまり使用しなくても夏は涼しく冬は暖かく暮らすことができます。

 

4.自分や家族の好み

最後は好みです。
家づくりの際には考えるべきことが多く、迷ってしまうこともあるかもしれませんが、最後は好みで決めましょう。実際にその家で生活をしていく自分や家族の好みに合わせて家を建てることで、後悔のない家づくりができるでしょう。
逆にここで妥協すると、家を建ててから「やっぱりああしておけば……。」と後悔することになってしまいます。

 

・まとめ

ここまで暮らしやすい家にするための4つのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか。
皆さんも是非、マイホームを建てる際はこれらのことに注意してみてください!

完成!

カテゴリー: お引渡し, モダン和風
投稿日:2017年12月22日

工事部新築課の丸山です。

12月に入って、いよいよ寒くなってきて冬到来となってきましたね。

弊社でも、年末年始に新しいお家に入りたいと言ったお客様のニーズに応え

多くの物件を今月お引き渡しさせて頂きました。

先日お引き渡しさせて頂きましたお家は、新和風的なお家で

とてもおしゃれに仕上がりました。

お客様にも大変よくして頂き、無事に完了できました。

今年もたくさんのお客様にお家をお引きしてまいりましたが、来年も引き続き皆さんに笑顔をお届け出来ればと思います。

「信州に笑顔あふれる暮らしを‼」

 

工事部新築課 丸山でした。

 

 

1 / 45123...Last