ブログ | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

注文住宅は建築士事務所で!でも建築事務所ってなに?

私たちサンプロ建築設計は「一級建築士事務所」です!

これだけでは「建築士事務所ってどういうものなの?」と思われている人もいるかもしれません。
そこで今回は建築士事務所がどういうものなのか、なぜ建築士事務所が注文住宅におすすめなのかご紹介します。

 

□建築事務所とは
「建築事務所って一体何なの?」
こう思われている方のためにまずは建築事務所のご紹介をさせていただきます。
建築士事務所とは建築士法に定められている建築の設計・監理を行う事務所です。
扱うことの出来る建物の規模に応じて1級、2級、3級とありサンプロ建築設計はその1級に類します。
建築事務所の業務内容は多岐に渡り、建物の設計だけが仕事ではありません。
あるときは建設現場が問題なく動いているか工事監理を行ったり、またあるときは住宅を建設する際の資金計画のお手伝いをする会計士のような業務を行ったりします。

 

□建築士事務所がおすすめな理由
「なんで注文住宅に建築士事務所がおすすめなの?」
建築士事務所でなくとも家を建てることは出来ます。

しかし、なぜ注文住宅に建築士事務所をすすめるのか。
それには理由があります。
住宅づくりには様々な要素があります。
またその要素一つ一つに専門的な知識が必要になります。
注文住宅ともなればその知識は膨大です。
多くの人にとって住宅の購入は初めてなのに、建築業者から渡されたたくさんの書類に目を通し、どこにも間違いがないか判断することが出来るでしょうか。
設計図を見てどこを変更したいなどうまく伝えることが出来るでしょうか。
私たち建築士事務所にご相談いただければ、それらの不安を解消することが出来ます。

 

□おわりに
私たちはあなたの要望を聞きます。
そしてそれを設計図に反映させます。工事金額も確認し、工事監理まで行います。
されには住宅が完成した後のアフターケアも欠かしません。
それが建築士事務所です。
一生で一番大きな買い物とも言われる住宅の購入、私たちサンプロ建築設計一級建築事務所におまかせください。ご相談お待ちしております。

スタイリッシュなT様邸完成しました!

カテゴリー: イベント, インテリア, お引渡し, お披露目会, デザイン住宅, 塗り壁・外壁材, 完成お披露目会, 新築住宅, 自然素材, 自然素材住宅

こんにちは、設計士ヒライシです(^^)/

最近いっきに寒くなりましたね。

もうすぐ寒い冬が来そうですが

風邪をひかないように体調管理

しっかり気をつけたいと思います。

 

ずっと楽しみにしていましたT様邸が完成しました(^^)

外観、インテリアともにとっても素敵になりました!

この頃外壁材に金属サイディングを使ってカッコよくモダンにしたいという

ご要望が増えています。ただの金属サイディングだけでは

面白くない、オリジナリティがないということで

木板張り、塗り壁を併用させて提案させて頂いております。

 

ダークグレーの金属サイディングと厳選した木板張りの木の色が

絶妙にマッチングしてイメージ通りのカッコイイ外観になりました!!

1つ1つこだわってじっくりと計画していく甲斐がここにあります。

狭小地でありながら、ウッドデッキから展開できる人目を気にしない

素敵なプライべートガーデンが出来上がりましたね。

リビング&畳子上がりまわりに木で造作させて頂きました。

薄いグレーのアクセント壁や三角ガラスニッチもイイ感じですね(^^♪

 

 

 

キッチンまわりのいろいろな造作も素敵です。

畳小上がりは、ゴロゴロできる居心地の良い空間になりまして、

T様もご満足のようです(^^)良かった~

以上でT様邸のご紹介ですが、

来週10/20、21に安曇野市三郷で完成お披露目会を

開催させて頂きます!

 

 

 

 

スタイリッシュでモダンな外観と開放的なオリジナリティある間取りは

きっと様々な発見とワクワクがあると思います。

ご予約なしでお気軽に見て頂けますので

ぜひこの機会にサンプロの家を見に来て頂ければと思います。

 

 

山麓

こんにちは。新入社員のヨネクラです。

朝夕だけでなく日中も肌寒い日が増えてきました。

私は暑いのが苦手なので涼しい分には良いのですが、

風邪をひかないように気を付けないと…

 

さて、先日母とランチへ行ってきました!

八ヶ岳山麓にある「サンロクカフェ」というお店です。

二年前くらいにできたお店で、その名のごとく山の麓にあります。

お店までの道のりも景色が良く、ドライブにはうってつけです!

 

 

このお店では、ピザやイタリアンの料理をメインにやっていて、

ピザのメニューが季節の食材のものになっているので、色々なものを楽しめます。

今回はランチセットを頼みました。

 

 

ピザとパスタのセットにしたので、二人で分け合いながら食べました。

撮り忘れてしまいましたが、デザートはお店で作っているというアーモンドのシフォンケーキでした!

どれを食べてもとても美味しかったです。

窓から見える景色も自然を感じられて、リラックスできました。

 

 

ご興味のある方は是非足を運んでみてください。

新築住宅を建てるときの税金まとめときました。

夢のマイホームを新築で建てようとお考えですか?

新築住宅を建てることは人生でそう何度もあることではありません。

「どんな間取りにしよう」「外観はどんなのがいいかな」
など夢は膨らむばかりですが、それだけでは新築住宅を建てることはできません。
資金計画などのお金のことも考えなければいけませんよね。
ただでさえあまり経験のない新築住宅の資金計画となると気が引けてしまうかもしれませんね。
そこで今回は資金計画の助けとなるように、あまり知られていない新築住宅を建てる際の税金についてご説明します。

 

□消費税
いきなり馴染みのある名前の税金が出てきましたね。
実は、私達が日常生活で最も頻繁に支払っている消費税は新築住宅を建てる際にも払う必要があります。

その税率は一般的な消費税と同じで8%であり、消費税率8%に建物の販売価格をかけた額を納税します。

 

□印紙税
次は印紙税です。
印紙税とは、住宅ローンの契約や住宅の売買契約書の手続きをする際に契約書にかかる税金です。

契約書に記載された金額によって納税額が変わります。

 

□登録免許税
次に登録免許税というものがあります。
これは土地や建物などを登記する際にかかる税金です。
新築住宅の標準税率は0.4%であり、これに固定資産税評価額をかけあわせた金額を納税することになります。
固定資産税評価額とは各市町村が算定する固定資産税の基準となる価格のことです。

 

□不動産取得税
最後に不動産取得税があります。
その名の通り不動産を取得した際に払う税金が不動産取得税になります。
こちらもさきほどの登録免許税と同様に固定資産税評価額を利用して計算します。
不動産取得税の場合は税率が4%なので、それに固定資産税評価額を乗じたものが納税金額になります。

 

□おわりに
新築住宅の購入は非常に大きな買い物です。
それゆえ、それにともなって支払う必要がある税金も非常に大きな額になってしまいます。
めんどくさいからと敬遠することなく、税金も含めて資金計画を組む必要があります。
そのために私たち株式会社サンプロは全力でお客様をサポートします。お困りの際はぜひご相談ください。

食欲の秋

カテゴリー: 出来事

食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋・・・皆様の秋といえば何でしょうか?

私は俄然、食欲の秋!! ナカジマです。

 

先日、食を求めて金沢まで海釣りに行ってきました。

どうしても、豆アジ(小さいアジ)のから揚げが食べたくて、

2回チャレンジしたのですが、目的のアジはボウズ・・・

3度目の正直で、会社の仲間と釣りに行ってきました。

メインはイカ釣りだったのですが、私はまだ釣ったことがなく

餌木というエビを模した物をひたすら海に投げて、いかが抱きついてきたところを

引っかけるらしいのですが、さっぱり当たりが分かりません・・

ダメか・・と思った矢先に竿が急に重くなり、また海藻でも引っ掛かったか

と思ったのですが、周りから「それイカだよ!」と言われひたすらリールを巻き続けました。

すると海面に潮を吹く何かが上がってきました。

 

人生初のイカだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タコでした・・・

 

イカ釣りはこれで終わり。別の場所に移動しサビキ釣りにて豆アジを狙いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣った所の写真を撮り忘れてしまい、いきなり完成写真ですが

念願の豆アジのから揚げです!!

3度目の正直成功です!

ビールのおつまみに最適です!

私は飲みませんが・・・

 

メタボの私はそろそろスポーツの秋に目覚めないとな・・・

と思う今日この頃です。

ナカジマでした。

注文住宅での失敗例:これを知って失敗しない住宅を!

注文住宅は多くの方にとって憧れなのではないでしょうか。
注文住宅は自由度が高い反面、生活してみると思わぬ失敗や弊害を発見することも多々あります。
住宅は使い勝手が悪いからと言って買い替えが簡単にできるものではありません。

 

住宅は一生の買い物と言われることでもお分りの通り、長い生涯を共にすることになります。
せっかく立てるのなら失敗しない住宅を作りたいですよね。
そこで今回は注文住宅の失敗例を3つご紹介します。

 

□リビングが広すぎる

 

モデルルームのような広く余裕のあるリビングは憧れですよね。
しかし、広いリビングにはデメリットもあります。
それは、広すぎるために空調が思ったように効かないという問題です。
また、この「広すぎる空間」はエアコンを2個設置するには狭いため、微妙な空間となっています。
些細なことのように思えますが、リビングは家族が一番集まる場所であり、空調の稼働率が一番高い箇所です。
やすらぎの空間のはずなのに暑かったり、寒かったりしては台無しですね。

 

□コンセントの位置

 

キッチンやリビング、ダイニングは家電が集まりコンセントがたくさんほしい場所です。
コンセントはあるのですが、足りない、という事態がよくあります。
また、調理器具類やテレビ、アイロンなど使用方法により適切な位置にコンセントがあってほしいと思います。
コンセントが地面に近い場所にあるだけでは意外に不便です。
家具の配置も考えてコンセントの設置を考えるべきですね。

 

□収納スペースが足りない

 

部屋を広くとったはいいが、十分な収納スペースがない、ということも多々あります。
部屋に一つは収納スペースを設けることをおすすめします。
その際、何を収納するか、収納スペースから稼働場所までの動線に余計なものがないか、などのことについても考慮することが快適な住まいのポイントです。

 

□最後に

 

今回は注文住宅の失敗例を3つご紹介しました。
理想の住まいを形にできる注文住宅。
せっかく立てるなら快適にいつまでも住める住宅を作りたいですよね。
これらの失敗談を参考にして、素敵なご自宅を作っていただければと思います。

注文住宅ご購入をご検討の方へ:資金計画についてご紹介

住宅購入の際に資金計画にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
注文住宅はだいたい3000~4000万円が必要です。
この予算工面のためには、自己資本以外以外に金融機関で住宅ローンをたてることになります。

 

この返済・購入のための資金を用意するには、計画を立てないといけません。
今回はこの資金計画に関して、特に返済可能金額の設定についてご紹介します。

 

□支出を見直す

 

住宅ローンは高額なため返済期間は長期間に渡ります。
そのため、返済額を少しでも少額にするために今の支出を見直し、住宅購入の資金にあてられる部分がないかを検討します。
ここで有効なのが保険の見直しです。
保険は定期的に一定額が必要となる支出です。
しかし、契約当初と状況が変わり、現在の契約内容が不必要である、またはもっと安価なプランがある場合が考えられます。
その他にも定期的な支出がある場合はもっと安価になる方法がないか考えてみてください。

 

□住宅購入後に必要な支出を考える

 

住宅ローン返済により、住宅購入後に使用できる生活費は制限されます。
しかし、絶対必要な経費があるはずです。
教育費や生活費を考えてみてください。
住宅購入後には固定資産税も課税されますのですそちらの計算も重要です。
また、入居費用や、急な入院などのために生活予備費用を残ししておくこともオススメします。
これらの計算にはキャッシュフロー表を利用すると便利です。
キャッシュフロー表とは収入、支出、預金残高等の推移を把握する表を指し、インターネットで無料でダウンロードできます。

 

 

□諸経費

 

予算オーバーし、後の生活が苦しくなる要因に諸経費を考えていなかったことが挙げられます。
仲介費や住宅の消費税などの関連費用がかかります。
また、住宅購入費のうち、現金で支払う頭金は価格の2割が理想です。
頭金がなくとも住宅を購入することはできますが、購入諸経費は現金で支払うことを強くおすすめします。
一戸建ての場合、諸経費はだいたい物件価格の6~10%となります。
予算から諸経費を差し引き、余った金額が土地と建物の代金に充てられる額です。

 

□最後に

 

今回は資金計画のポイントと返済可能金額の設定についてご紹介しました。
住宅購入は高額な費用が必要であり、返済期間も長期に渡ります。
そのため、住宅購入後の生活を圧迫しないために生活費や購入の関連諸経費を綿密に計画すべきです。
キャッシュフロー表や無料診断などを利用し、使用可能な予算についてぜひご家族とよく相談していただければと思います。

防水検査

カテゴリー: 工事現場

 こんにちは、工事部のヨシカワです。

 今日は松本市で施工させていただいている現場の社内防水検査を行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 壁の防水紙やサッシ廻り、換気扇廻り等の確認を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 各部位によってさまざまな施工部材がありますが、

 とても丁寧に施工してもらってありました。

 

 サンプロでは、外壁の仕上げ工事前に検査員による検査を行っています。

 多くの目で確認を繰り返し、品質の向上に努めてます。

 

 今後もより良いお家造りに努めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

注文住宅購入をご検討の方へ:資金計画の注意点

マイホームは、ご家庭を築かれた方の多くにとって憧れだと思います。
マイホームについて期待に胸を膨らませる一方、不安もあるのではないでしょうか?
住宅購入には高額な資金が必要です。

 

多くの場合、金融機関の住宅ローンを利用することになります。
しかし、きちんと資金計画を考えずに融資を受けたためにローン返済に追われて苦しい生活を送る方も少なくありません。
今回は失敗しない資金計画を立てる際に注意してほしい点についてご紹介します。

 

□ボーナスを返済計画に組み込んでいた
金融機関での借り入れ金額は年収によって決まります。
ボーナスは年収に含まれるためボーナスが借り入れ可能金額に関わる訳ではありません。
しかし、住宅ローンの設定の際にボーナスの額について聞かれることが多々あります。

 

これは、ローンの返済額の設定方法に影響するからです。
ボーナスを考慮し毎月の返済金額を少額に設定して、年二回のボーナスで残りの金額を補填する返済方法があります。
しかし、この返済方法を選択した場合は通常の生活費に対する負担は減るものの、不景気でボーナスが減少した際には多少のリスクがあります。
年収からボーナスを引いた金額での住宅ローンの上限金額を設定すると、比較的安定的な返済計画が立てられるかと思います。

 

□返済期間を検討していない
金額だけではなく、返済期間も重要なポイントです。
返済期間は、退職する前までの期間内に設定することをおすすめします。
退職後は年金で生活される方が大半でしょう。

 

今後の年金制度が不鮮明な中で、退職後の年金で生活費と住宅ローンを支払うことは困難かと思われます。
また、平均寿命が伸びるものの、健康寿命が依然として伸び悩んでいるこの時代は退職後こそお金がかかります。
なるべく現職時代に返済が完了するように返済期間を設定しましょう。

 

□諸経費を考慮に入れていなかった
建物と土地代のみしか住宅購入費に勘定していなかったため、諸経費を用意のためにローン金額が高額にある事例も多々あります。
ここでの諸経費とは具体的に次のような費用を指します。

 

・契約時
印紙税、登録免許税、司法書士報酬、固定資産税、不動産取得税など
・ローン費用、保険料
融資手形料、保証料、火災保険、地震保険料、団体信用生命保険など
・引っ越し時
引っ越し代、インテリア、家具、家電、など

 

新築購入の場合、これらの諸経費は物件価格の約3~7%の価格となります。
また、媒介業者がいる場合は仲介手数料がかかるため追加料金を計算する必要があります。

 

今回は失敗しない資金計画を立てる際に注意してほしい点についてご紹介しました。
予算関連の失敗は資金計画のぬけもれが原因であることが多いです。
これらのことを考慮して、綿密な資金計画を立てて失敗のない住宅購入をしていただければ幸いです。

観光

こんにちは、新入社員のマツモトです。

天気の悪い日が続くのでいよいよ季節が変わろうとしていますね。

先日、束の間の晴れの日に下諏訪に行ってまいりました。

出身が関西なものなのでどこに行っても観光気分です。

 

 

 

 

 

やはり、下諏訪といえば諏訪大社。僕は秋宮がお気に入りになりました。

 

 

 

 

 

万治の石仏で願い事をしました。

3周回ると願い事が叶うそうです。

 

 

 

 

 

今回は有名なところを回ったので、次回はディープな下諏訪を探しに行きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

1 / 55123...Last