安曇野市で二世帯住宅を建てたい!間取りの種類を解説します! | 松本市、塩尻市、安曇野市、諏訪市、長野市、上田市、サンプロ建築設計一級建築士事務所 | 松本市、塩尻市、安曇野市、長野市、千曲市、須坂市、伊那市、諏訪市、岡谷市、茅野市、伊那市、上田市で自然素材を使った注文住宅を得意とする工務店

安曇野市で二世帯住宅を建てたい!間取りの種類を解説します!

「安曇野市で新築を買いたいけど二世帯住宅ってどんな間取りがいいの?」
「間取りの種類や特徴を教えて欲しい。」

新築の住宅を購入する際に、二世帯住宅を検討される方は増えてきています。
そこで今回は、二世帯住宅の間取りの種類とその特徴を紹介します。

 

□完全同居型

 

完全同居型の特徴は寝室だけそれぞれの部屋を用意して、そのほかの部屋はすべて共有するところにあります。
この間取りの良いところは、家族で過ごす時間が増えるので、二世帯での交流が盛んになるところです。

また、誰がどの部屋にいるのかも把握しやすく、たくさんの人が生活しているので安心して暮らすことができるでしょう。
しかし、二世帯での距離が近いので、生活様式や生活する時間帯が違ってくると多少の気遣いをする必要がある点に注意が必要です。

 

□部分共有型

 

玄関やお風呂場など主要な設備は共有して、親と子の世帯で生活をする部屋を分ける間取りです。
二世帯間で生活の時間帯が異なったり、プライバシーを保ったりすることができます。
おすすめの配分は、一階に親世帯のスペースを作り、二階に子供世帯のスペースをつくることです。
こうすることで、どちらの世帯もストレス無く生活ができるでしょう。
またこの住宅のメリットとしては、キッチンなどの設備は共有するため建設の際の費用を抑えられることがあげられます。
デメリットには生活の時間帯が異なるので、足音や防音などお互いが過ごしやすいように配慮することがあります。

 

□完全分離型

 

完全分離型は同じ家に住みながらも全く異なるスペースで生活をします。
メリットは、お互いの世帯が干渉することなくプライベートな空間を保てるところです。
しかし、生活スペースが完全に分離しているためお互いの生活が全く分からないことや、生活をする設備費が2倍になってしまうことに注意が必要です。
そのため、通路に共有できるところを増やしたり、お互いに窓から見える部屋を作ったりする工夫が必要になります。
もし、二世帯で暮らせなくなった時は二階部分を売りに出したり、賃貸にしたりできるので住宅を無駄なく使うことができるでしょう。

 

□まとめ

 

以上、二世帯住宅の間取りの種類とその特徴についてお伝えしました。
それぞれの間取りの種類で違ったメリットとデメリットがあります。
二世帯間でよく話し合ってどの間取りがいいか決めることが大切です。
今回の記事を参考にして過ごしやすい間取りの二世帯住宅を建ててみてください。

2019年2月1日 投稿|