減築して豊かに暮らす家塩尻市

築年数:45年/施工床面積:35.67坪

STORY

  • 減築して豊かに暮らす家

    減らして増やす快適フルリノベーション

    軽量鉄骨造の築45年の家は夫婦二人に暮らしていくには広くて暗い上、多くの不安要素を抱えていたため、使わないスペースになっていた建物の北側半分を減築。その後一部増築し水廻りを集約して新設した。これにより寝室、LDK、水廻り、二階とありとあらゆる動線につながりが生まれスムーズな間取りが実現した。

  • 減築して豊かに暮らす家

    暮らしを見直して光降り注ぐ広々LDK

    間取り変更に伴い、水廻りを集約してLDKを南側へ配置。独立していた台所は、ご主人と談笑しながら家事ができる、奥様念願の対面式キッチンへ生まれ変わった。白をベースにした北欧インテリアで設えた空間は、採り入れた光を活かして明るく過ごすのに最適だ。

  • 減築して豊かに暮らす家

    動線計画でスマートなくらしを実現

    家事動線が分断される不便な間取りを解消するため、使わないスペースをなくして空間を最大限生かす、流れるような動線を計画。例えば寝室は、リビングの隣に配し大容量のウォークインクローゼットを併設することで、洗濯~収納、朝の身支度も簡単。さらに、玄関とトイレへとつながる廊下に直接出ることができる扉を設けて、各所へ最短経路で到着できるようにした。

  • 減築して豊かに暮らす家

    ゆとりある収納でスッキリ暮らす

    居住面積が少なくなった減築リノベーションにて収納量が増えていることにも注目。まずキッチンは最新のシステムキッチンへ入れ替えたことで、調理器具や食器類を充分に仕舞えるようになった。玄関の隣にはご夫婦の靴を十分にしまうことのできる「シューズクローク」を設置。

    必要な場所に必要な部屋と収納を。ただ単純に減築をするのではなく、減らすからこそより利便性の高い住まいへ。生まれ変わった家がご夫婦の暮らしがより快適になっていくことこそ、リノベーションの醍醐味だ。

  • 減築して豊かに暮らす家

    断熱性能を強化し、気持ちよく暮らせる住まいへ

    これからも永く暮らすことを考えると、断熱性能も強化したい重要なポイント。今回のリノベーションでは、ヒートショックを防ぎ安心して暮らせる快適な家づくりを行っている。
    明るく開放的な空間を実現するため、天窓やサンルームなどを各所に散りばめているこの家。窓が多くなると懸念されるのが「あたたかい空気 / 冷たい空気」が家の外に逃げて行ってしまうことだが、この問題を断熱性の高いサッシを採用といった方法で解決。寒さや暑さが以前とは比にならないほど気にならない空間に。
    断熱材にはセルロースファイバーを施工し、暑い日も寒い日も心地よい快適な空間を維持できるように。

  • 減築して豊かに暮らす家

    暮らしの価値を高めてこそのリノベーション

    減築をはじめとしたリノベーションはすべて、暮らしの価値を高めるためのもの。
    細かな配慮として注目したいのは、例えば、部屋ごとの明るさに調整できる照明器具。かつては日中でも灯りをつけなくてはならなかった暗い廊下や部屋も、設計の工夫と照明計画で明るく開放感のある空間へ生まれ変わっている。さらに、年中快適に過ごせる断熱性能の向上や自然素材ならではのぬくもり、ご夫婦が大好きなブルーを基調にしたインテリアのコーディネートなども、この家の自慢。
    総合的に住み心地のいい家をかなえたフルリノベーションが、これからもご家族の物語を未来へとつないでいく。

ホーム > 建築事例 > ミクスチャースタイル ~大人の週末カフェ~