新築 回遊する家 エリア:茅野市

  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家
  • 回遊する家

構造:木造1階建/敷地面積119.18坪/1階面積:32.30坪

構造:木造1階建/敷地面積119.18坪/1階面積:32.30坪

STORY

  • 回遊する家

    都会的な平屋の住まい

    シンプルかつ機能的な外観。
    平屋のメリットを最大限に生かせる間取り。
    周囲に気兼ねなく自然を楽しめる中庭。
    広い敷地を活かしつつプライバシーに配慮し、しかもデザイン的にも優れた、都会センスあふれる注文住宅だ。

  • 回遊する家

    平屋が最高の贅沢

    広い敷地があるならぜひ実現させたいのが平屋の住まい。
    2階建て以上の住まいに比べるとコストが割高になる代わり、階段を上り下りする必要がないため移動が楽で、細かい段差さえ解消すれば、究極のバリアフリーも実現可能だ。
    敷地に余裕があるこの住まいも、住まい手の希望で平屋となった。
    恵まれた敷地と十分なコストがあってこそ実現する、まさしく最高の贅沢だ。

  • 回遊する家

    日射をさえぎりつつモダンな外観

    敷地の東側はご主人の実家。それ以外は田畑に囲まれている。
    したがって南側には大きな掃き出し窓を設けつつ、夏の日射を遮るために軒の出を深く取った。
    一方、北側は採光を優先したハイサイドライト。西日を受ける西側とシンプルにまとめたい東側は窓を小さく。
    こうして、すっきりと無駄のない、モダンな外観ができあがった。
    外観を住まいの顔とするならば、中々の“男前”なのだ。

  • 回遊する家

    効率的な回遊式動線

    この住まいは、中心に置かれた中庭を軸に、エリアが分けられている。
    東側中央にある玄関を上がると、目の前に中庭の緑。向かって右側は浴室やトイレ、左側はLDK。そして奥にあたる西側は各個室がある。
    いずれも床やカウンター以外は白で統一されたモダンなインテリアで、空間の美しさが鮮やかに浮かび上がる。
    そして、メインの動線は、中庭をぐるっと囲む回遊式。
    動線が集約し、なおかつぐるぐる回れるので、家の中を無駄なく移動できる。
    それに加えて、動線の西側は、書斎コーナーを兼ねている。
    勉強に疲れたら振り返って緑を眺め、目を休める。
    これほど理想的な書斎があるだろうか。

  • 回遊する家

    緑を眺め、採光通風の機能ももつ中庭

    平屋の住まいで留意しなければならないのが、採光と通風。
    面積が広いため、きちんと計画しないと、北側の部屋が薄暗くなったり、風通しが悪くなったりしてしまう。
    そこで、この住まいで重要な役割を果たすのが中庭で、北側の部屋への採光と通風を確保している。
    しかも、植栽が施されているから、周囲の目を気にせず自然が楽しめる。
    視覚的にも体感的にも、暮らしを快適にしてくれる仕掛けなのだ。
    恵まれた敷地を活かした平屋。そして平屋を快適にする中庭。
    二重、三重にうらやましい住まいだ。