光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び長野市

STORY

  • 光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び

    片流れ屋根と
    白い壁が美しい外観

    住宅街で存在感を放つ、シャープな片流れ屋根。
    さわやかな白で統一した塗り壁に、軒裏や玄関の壁に使ったスギ材が温かなアクセントを添える。
    前面道路から見える姿は、⽚流れ屋根のシルエットによって奥のビューへと視線が抜け、環境と調和する軽やかな姿が印象的だ。

  • 光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び

    緑豊かな庭を
    室内からも楽しむプラン

    既存住宅を建て替えるにあたり、敷地南側にある庭は残して、室内からも眺められるようプランニングを行った。
    玄関のドアを開けると、大きなガラス戸の奥に愛犬の姿や明るい庭を楽しめる。
    室内に進めば、リビングとダイニングの南向きの開口の向こうに、光あふれる緑の庭が広がっている。
    開放的な吹き抜けを介して、2階からも庭を眺めて楽しめるプランだ。
    住宅街ゆえ、開口には視線や光の量を調整できるバーチカルブラインドを設置。
    開放的ながら、シーンに応じてプライバシーを守ることができる。

  • 光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び

    シンプルに徹した
    ホテルライクなインテリア

    清潔な白と柔らかな木の色で統一した、ホテルのようなインテリア。
    その世界観に合うよう、素材や色を厳選した造作家具を中心にコーディネートした。
    豊富な造作収納によって、生活感のあるものは隠して収納。
    ホテルのようにすっきりと美しく暮らす住まいを実現している。

    シンプルな空間だからこそ、素材は質感にこだわってセレクト。
    リビングのフローリングは「しなの栗」の無垢材を使い、ダイニングキッチンの天井はレッドシダー材の板張りに。
    ダイニングの照明や洗面カウンターのタイルなど、ポイントになる箇所には個性的なデザインを選んで、シンプルななかに遊び心を忍ばせた。

  • 光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び

    スムーズで効率的な
    動線計画

    1階に生活機能を集約し、快適な動線に配慮してプランニング。
    たとえば玄関ホールの一角にパントリーを設計することで、買い物から帰ったらすぐにストック品を収納できるためスムーズだ。
    寝室→WIC→ランドリー→洗面室とつなげてレイアウトすることで、朝晩の身支度がスムーズになるだけでなく、洗濯〜収納の動線もコンパクトに。
    住まいの中心であるキッチンに立つと、リビングや庭、水まわり、玄関まで見渡すことができるのも安心だ。

  • 光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び

    吹き抜けでつながる
    バレエスペース

    バレエ講師である奥様が、自宅でも集中して練習することができるよう、2階(※要確認)にはバレエ用の広いスペースを設計。
    吹き抜けを介してリビングとも音や視線が伝わるプランで、家族の気配をゆるやかに感じつつ、それぞれの場所で自分の時間を過ごせる。

  • 光あふれる白×ウッドのホテルライクなインテリア 庭を眺めて暮らす喜び

    エアコン1台で
    猛暑の夏も厳寒期も快適

    長野の厳しい寒さや、近年の夏の猛暑に悩まされず快適に過ごせるのは、サンプロ独自の全館空調システム「Airflow+FAN」によるもの。
    高性能の床下エアコンが真冬も建物を基礎から温め、熱分配ダクトファンで2階まで循環させるため、住まい全体が暖かい。
    また全熱交換型24時間換気システムにより、室内の快適な温度をキープしながら新鮮な空気を取り入れることで、花粉やウイルス、ホコリの不安も軽減。
    初期費用も電気代も抑えながら、快適に暮らし続けることができる。

ホーム > 建築事例 > Uターン移住した家族が穏やかに暮らす、アーバンモダンな住まい