お客様の声

家事負担を最小限にした平屋松本市:T様邸/家族構成:4人

一見すると2階建てに見えるが実は平屋。ハイサイドライトを含め南からの日差しがたっぷり注ぐ設計。

インテリアに統一感がありスマートな印象のLDK。板張りの天井と珪藻土の塗り壁がつくる上方の空間が、窓からの光をいったん抱きかかえ、リビングに降らせているよう。

リッチな外観を備えた
平屋らしからぬ平屋

白い塗り壁とレッドシダーの板張りが美しい正面のファサード。モダンで印象的な外観が目をひきます。脇へ回り、奥に向かって傾斜する片流れの屋根がかかっているのを目にして小首を傾げるかもしれません。2階建てにしては少し建物高が低いかも、と。
このお宅、平屋なんです。2階の窓のように見えるのは、ほぼ真四角なこの家のなるべく奥まで光を入れるためのもの。それにしても、平屋にしてはなんとリッチな趣のある外観でしょう。
T家の奥様にとって平屋は絶対条件でした。前に住んでいた借家が2階建てで、お子さんがお腹にいたとき上下階の移動に苦労したこと、階段はホコリが溜まりやすく掃除しづらいこと、産休明けもフルに仕事することを考え家事の負担を最小限にしたかったことが理由です。
住まいづくりのパートナーに選んだのは、サンプロ建築設計。同社を評価したいちばんのポイントは、高気密・高断熱や耐震性などの住宅性能でした。加えて、夫妻と年齢が近かった担当の片桐設計士が描いたこの家のプランに、自分たちの生活スタイルへの理解と配慮とともにデザイン力の高さも感じました。
この家には、仕事に子育てに忙しい主婦が効率的に家事をこなせる工夫が詰まっています。さあ中へお邪魔してみましょう。

左:リビングから子供部屋に至る廊下。右手は中庭へ出る窓。/右:LDKと和室の間もバリアフリー。幼い子どもたちが遊ぶにも、将来の自分たちにも安心。

キッチンはリビングダイニング、そして和室を見渡せる位置にある。キッチン背面にたっぷりの収納を確保。その先のスタディコーナ-は、お仕事にも家事にも、子供と一緒にも使える。

合理的な家事動線と忙しい毎日に
小休止を入れる中庭

ビルトイン・ガレージに車を駐めて玄関に入ると、光の降り注ぐ明るいリビングを介して正面にはパントリーが。買い物帰りにありがたいストレートな動線です。パントリーの右手がキッチン、左手がランドリールーム。先ほどの動線と垂直に交わるこの動線も使い良さそう。さらにランドリールーム前にはウォークスルータイプの家族用クローゼットを設けました。洗濯した衣装の整理にも、お出かけ準備にも便利なスペースです。
合理的な動線で家事のストレスを最小化して、余った時間と心のゆとりは、子どもたちのために使おう。そんな夫妻の優しさが感じられる間取りです。
ここで興味深いのは、家のほぼ真ん中にある中庭です。四角い平屋の奥まで光を届けるもう一つの工夫ですが、その存在は家事動線の合理性とは対照的に、ホッと一息つかせる小休止のよう。中庭へ出る窓は三つあり、子供部屋、廊下、主寝室のそれぞれに面しています。この外部空間は、親子のプライバシーを保ちながら、つなぐ役割も果たしているのです。
気持ちよく過ごす工夫を暮らしのサイクルに意識的に取り入れると、日々の気付かないほど小さな幸せが自然と積もっていくもの。そのことをご夫妻はよくご存知なのだと思います。

左:キッチンからパントリー、洗面脱衣室、バスルームへの動線が見える。これと垂直に交わり、モザイクタイルの壁の向こうを通る動線を左に行けば、真っ直ぐ玄関に通じる。/右:テレビ周りは造作の収納。インテリアとの相性もよく、スピーカーやCD・DVDなどを美しく収めている。

左:中庭は屋内への明かり採りでもあり、家族憩いの空間でもある。/右:畳表や収納スペースを落ち着いた色を用い、ダウンライトを使うなどしてモダンな装いにした和室。

左:玄関上にもハイサイドライトを設け、明るさを確保した。/右:子供部屋。まだお子さんが小さいので、今は家族4人の寝室として利用している。

Owner’s Voice

子供と向き合う時間が生まれました
  • Q1家づくりで一番大切にしたことは?

    少しでも家事の負担を楽にして、家族で過ごす時間を充実させること。

  • Q2こうしておいてよかった、
    と思ったことは?

    何より平屋であること。しかも明るいこと。ストレスのない家事動線。すっきりきれいに見える収納計画。

  • Q3このビルダーさんに頼んで
    よかったことは?

    担当の片桐さんと歳が近く信頼が置けた。ぜんぶ狙いどおりの家になりました。

Plan

Data

敷地面積
467.31㎡(141.08坪)
延床面積
169.55㎡(51.19坪)
1F面積
169.55㎡(51.19坪)
デッキ面積
413.74㎡(4.15坪)
設計者のこだわり

家事動線を駆使した、光が降り注ぐ明るく格好良い平屋。この家の見どころを3つに絞るなら、「外観のインパクト」「中庭の存在」「共働きで多忙な夫婦のために工夫した家事動線」だと思います。見た目のデザインだけでなく、住む人がそこにいて気持ち良いと思える空間提案をしました。

●著作権について
このページに記載されている記事本文、写真等は「住まいNET信州」VOL.33より転載しています。
こちらの情報の著作権は、住まいづくりデザインセンター信州に帰属します。