新築 白×光の3階建ての家 エリア:松本市

  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家
  • 白×光の3階建ての家

構造:木造3階建/敷地面積54.78坪/1階面積:10.32坪/2階面積:13.23坪/3階面積:9.52坪

構造:木造3階建/敷地面積54.78坪/1階面積:10.32坪/2階面積:13.23坪/3階面積:9.52坪

STORY

  • 白×光の3階建ての家

    隅々にまで光が行き渡るモダンな住まい

    内も外も白を基調としたデザイン。
    コンパクトな室内をのびやかに感じさせる巧みな間取り。
    限られた敷地でも快適な暮らしができることを十分に証明する注文住宅だ

  • 白×光の3階建ての家

    陽当たりを念頭にコンパクトな3階建て

    周囲に住宅が建て込んだ敷地に建つ住宅である。
    南側の隣家が3階建てということもあって、採光や眺望を考慮して3階建てになった。
    2階では視線が抜ける東側に大きな窓をとり、3階では北アルプスを望む北側をファミリールームにしている。
    ここで大事なのは、限られた面積のなかで決して使い勝手を犠牲にすることなく、すっきりとしたモダンデザインになっていること。
    工務店の底力を見た思いだ。

  • 白×光の3階建ての家

    ファミリースペースの使い分け

    子どもの成長につれて子ども部屋は必須だが、食事以外もこもりきりでは困る。
    そこでこの住宅では、子ども部屋を玄関から最も離れた3階に配置し、2階で必ずキッチンと顔合わせする動線に。そして、3階の階段を上りきった場所を、先述の通り4畳のファミリールームに。
    北アルプスが見える窓際に造り付けのカウンターを設け、勉強はもちろん多目的に使える場所にした。
    その一方で、2階の南側には、奥さま専用の書斎を設け、書きものができるカウンターとパソコンが置けるカウンターを両方用意。
    個人の場所と家族共通の場所。そのメリハリが家族どうしのコミュニケーションをうながす鍵となるのだ。

  • 白×光の3階建ての家

    奥行きのある玄関

    1階は玄関と洗面脱衣+浴室、そして主寝室で構成されている。
    物干しの際は、洗面脱衣>玄関ホール>主寝室>南側テラスという経路をたどり、乾いたらすぐ主寝室のクローゼットにしまえる。
    この動線の要となっている玄関ホールは、玄関をのびやかな空間にするためにも貢献している。
    まず重要なのは、玄関とホールを合わせて、端正なプロポーションになっていること。そして、マットな素材の床、壁、天井と、光沢感のある壁面収納がコントラストをなして空間に方向性をつくり、さらには玄関からの動線が突き当たる東側に透明ガラスのFIX窓を取り付けることで、視線の抜けをつくっているのだ。
    こうした、実際の広さ以上に奥行きや広がりを生む手法は、日本建築のデザインが得意としたところ。
    モダンデザインの中に脈々と流れる、和のエッセンスを感じる仕事だ。

  • 白×光の3階建ての家

    光沢ある大理石調タイル

    この住まいの中心は、LDKのある2階。
    建物の東側に配した、対面式キッチンと、キッチンカウンターの延長上にテーブルをつなげたダイニング、そして南西の角に配したリビングである。
    天井は間接照明を仕込んだ折上げ天井、そして南面以外の三方向に窓があるため、どこを向いても視線の行き止まり感がなく、せま苦しさが一切ない。
    そして、光沢感ある大理石タイルを貼った床。
    天井の照明光を反射して室内を明るくし、白が基調のインテリアをさらに格調高く演出する。
    肌合いが滑らかなので汚れにくく、メンテナンスも容易だ。
    玄関と同様、コンパクトな空間をのびやかに見せるアイデアが凝縮した空間なのだ。