新築 風景を切り取る家 エリア:松本市

  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家
  • 風景を切り取る家

松本市/構造:木造2階建/敷地面積128.81坪/1階面積:29.44坪/2階面積:13.86坪

松本市/構造:木造2階建/敷地面積128.81坪/1階面積:29.44坪/2階面積:13.86坪

STORY

  • 風景を切り取る家

    あこがれのセカンドハウス

    風景に溶け込むような、それでいてすっきりモダンなたたずまい。
    恵まれた自然の眺望をどこからも楽しめるインテリア。
    全館を暖め調理器具としても活躍する薪ストーブ。
    自然に囲まれながら都会的な暮らしを送るための注文住宅だ。

  • 風景を切り取る家

    風景に溶け込むモダンなたたずまい

    周辺に建物が少なく、ぐるりと自然に囲まれた高台に敷地はある。
    せっかく恵まれた敷地なのだから、風景を邪魔するような、無粋な住宅は建てられない。
    そこでこの住まいは、段違いの屋根を東西にのばし、低く構えることで周囲への威圧感を与えない一方、外壁の色を白で統一し、モダンな印象を併せ持つ外観とした。
    信州の気候風土を熟知し、良質な住宅を提供し続ける工務店ならではのデザインである。

  • 風景を切り取る家

    セカンドハウスならではの、間仕切りの少ない間取り

    この住まいは、松本市内に建てられたセカンドハウスである。
    普段は県外に在住のご夫婦が、山登りの拠点として使われる予定。
    建設にあたっては、信州の素晴らしい景色を楽しめる絶妙な場所が選ばれた。
    そして建物は、1、2階とも南北に大きな窓を設けるとともに、どこにいても窓の景色が目にはいるよう、間仕切りを極力減らしたオープンな間取りになっている。
    だから、室内のどこにいても鮮やかな景色が目の前に飛び込んでくるのだ。
    日常生活では得られない喜びに満ちた空間だ。

  • 風景を切り取る家

    北側のアルプスがよく見えるピクチャーウィンドウ

    窓には様々な機能がある。
    採光、通風、人の出入り。そして忘れてならないのが、眺望である。
    外の様子や景色を見ることで、空模様を知ったり、季節の移ろいに心をなごませたりする。
    そのためにここでも、各所に設けられた窓が重要な役割を果たしている。
    特に大活躍するのが、北アルプスの絶景を望むことができる北側の窓。
    なかでもLDKの北側に設けた引き違いの掃き出し窓は、眺望の機能を重視し、大きく開口をとったピクチャーウィンドウとなっている。
    窓によって切り取られ、一幅の絵画のように見える北アルプスの風景。
    なによりの“ごちそう”ではないか。

  • 風景を切り取る家

    “三度身体を暖める”薪ストーブ

    雪こそ少ないものの寒暖の差が厳しい松本だから、住まいの冬対策は重要である。
    そこでこの住まいも、高気密・高断熱だけでなく、全ての窓を真空トリプルガラスにしている。
    そして、メインの暖房はノルウェー製の薪ストーブ「ヨツール」。
    階段回りの吹き抜けを介して暖気が2階にも届くから、1、2階とも暖めることができる。
    「薪を集め、火を焚き、料理することで、三度身体を暖める」と言われる薪ストーブの存在が、信州の冬を、いっそう魅力的なものにしてくれそうだ。