新築 北欧テイストのナチュラルな家 エリア:塩尻市

  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家
  • 北欧テイストのナチュラルな家

構造:木造2階建/敷地面積:97.4坪/1階面積:18.79坪/2階面積:14.40坪


構造:木造2階建/敷地面積:97.4坪/1階面積:18.79坪/2階面積:14.40坪


STORY

  • 北欧テイストのナチュラルな家

    飽きの来ないやさしい空間

    白い室内に散りばめられた、ニッチや飾り棚、カウンターのパイン材がアクセントカラーとなって、やさしく空間を引き締める。

    部屋と部屋は間取りの工夫でやわらかく仕切られ、どこにいても家族の気配が伝わる。
    まさに、シンプルでありながら飽きの来ない、北欧テイストのお手本のような注文住宅だ。

  • 北欧テイストのナチュラルな家

    長く愛される実用性の高さ

    日本でも人気の北欧テイスト。

    ルーツは、1950年代以降、北欧(スカンディナヴィア諸国とフィンランド)でつくられる家具・インテリア。
    寒さ厳しい冬が続き、室内で過ごすことが多い北欧だけに、長く愛され、なおかつ実用的なデザインが多く生まれたというわけだ。そのテイストを目標にしたというこの住まいも、極めて実用性が高く、本家に決して引けをとっていない。

  • 北欧テイストのナチュラルな家

    心強い収納の広さとフレキシビリティ

    1階はアイランドキッチンを中心に、各室がぐるっと囲むように配置した回遊式の間取り。

    室内の移動が楽で家事の効率がよく、なかでもキッチンの後ろに控える2畳半のパントリーが頼もしい。
    このパントリーには勝手口が付いているので、買い物から帰ってすぐ、直接しまえる。
    他にも、玄関にシューズクローク、各寝室にクローゼットを完備しているから、暮らしに関わるもので収納場所に困るということがない。

    一方、南側に配置したリビングと和室は、ロールスクリーンを開け閉めすれば空間の広さが変幻自在。
    これなら来客を泊めるときだけでなく、場合によっては和室の個室づかいも可能だ。
    収納スペースの確保と、家族構成の変化にも対応可能なフレキシビリティ。
    住まいが長く愛されるために欠かせない、重要なポイントといえるだろう。

  • 北欧テイストのナチュラルな家

    だれもがうらやむ“隠れ家”空間

    2階には、主寝室と、二人分の子ども室。
    子ども室まで造り付けのカウンターとクローゼットを用意するあたり、手を抜かない仕事ぶりがうかがえる。

    そして、何といっても見逃せないのが、主寝室。
    主寝室を通らないと入れない、カウンター付きの書斎が用意されているのだ。
    吹き抜けとつながる小窓から家族の気配を感じつつ、一人の時間に没頭できる。
    こんな“隠れ家”空間、誰もが一度は欲しかったはず。まさに夢を形にした空間だ。

  • 北欧テイストのナチュラルな家

    穏やかな光に満ちあふれた北側のダイニング

    明るい場所をつくろうとすると、つい南向きの配置を選びがちだが、住宅設計の達人は、意外に北向きを好む。というのも、北側の窓からは直射日光が入らないから、光が穏やかで、落ち着いた場所を演出できるのだ。

    この住まいのダイニングは北東の角。
    あえてリビングとは距離をとり、キッチンとの間もパントリーがゆるやかに仕切っている。
    窓は北と東の2方向に設け、周囲が畑ということもあいまって、十分に明るい。
    穏やかな光に満ちあふれた静かな空間。家族が顔を合わせる食事のひととき。
    何気ない、幸せな光景が目に浮かぶ。実にうらやましい住宅である。