信州に馴染む、都会的でハイセンスな信州の家上伊那郡箕輪町

構造:木造2階建/敷地面積:106.06坪/1階面積:22.33坪/2階面積:16.31坪

STORY

  • 信州に馴染む、都会的でハイセンスな信州の家

    モダンで目を惹く外観

    都会暮らしだった頃のお洒落なライフスタイルを信州でも。
    そんな願いを持っていたお客様は、サンプロが塩尻市にオープンしているモデルハウス「グラン・フォーゲル」を気に入り、そのデザインと提案力に期待を寄せてくれた。

    そこで外観は、モデルハウスをベースにしながらも、お客様の広い土地を活かした大きな構えに。
    深い青にも見える黒と、見る距離によって表情を変える白、さらにレッドシダーをアクセントにしている。
    計算された窓の配置は日の光をたっぷり取り込むことで室内を快適にし、見た目のバランスも美しく仕上げた。

  • 信州に馴染む、都会的でハイセンスな信州の家

    家族を思いやれる 大空間のLDK

    広く使いやすいキッチンに、サーブしやすいダイニング。
    キッチンで顔を上げると、ダウンフロアのリビングの向こうにある小上がりの和室まで見通せる。
    大空間のLDKは、それぞれのスペースとしての機能を持ちながら、決して独立することなく、統一感を持ってつながっている。
    ここでは、楽しそうな笑い声も、ごきげんな鼻歌も、少し疲れた日の顔も、ふと顔を上げれば気が付いてあげられるのだ。
    時間と空間を共有することで積み重なる小さなしあわせを、1日のなかで何度も感じられるLDKなのである。

  • 信州に馴染む、都会的でハイセンスな信州の家

    木の穏やかさと柔らかさが映える光の使い方

    いたるところにふんだんの使用されているのは、お客様こだわりの自然素材。
    木の穏やかさと柔らかさが存分に活かされた空間は、まるで信州の美しい景色がそのまま室内まで続いているかのようだ。
    その特徴をひきたてるのが、家中に降り注ぐ、窓からの自然光や間接照明。
    各所に応じた最高の光の使い方で木の上質な表情を照らし出し、家全体の雰囲気を高めている。

  • 信州に馴染む、都会的でハイセンスな信州の家

    暮らしのベース。効率的な水廻り動線

    「暮らし」を支える重要な側面のひとつは、「家事」である。
    この家では、上質な暮らしのベースとして水廻り動線にこだわった。
    美しく広い洗面台のある洗面脱衣所から、扉1枚を隔ててある洗濯乾燥室。そこには、物干し竿と収納棚、そして作業台が完備され、ランドリー動線がシンプルに完結する。
    さらに、洗濯乾燥室にはキッチン、パントリーからもアクセスできるため、家事中の移動ストレスを大きく軽減している。
    この家は、暮らしの本質を大切にしながら、いつまでもどこまでもスタイリッシュに生きることができる場所なのだ。

  • 信州に馴染む、都会的でハイセンスな信州の家

    外とつながる便利な「室内物置」

    スポーツやアウトドアを愛するご家族ならではのポイントに、玄関収納とはまた別にスペースを確保した「室内物置」がある。
    スロップシンクも設けたこの土間は、外から直接出入りできるドアも設置した。
    駐車場から近いため、信州の暮らしに欠かせないスペアのタイヤを保管するのもよし。
    また、アウトドア用品や人数分のスポーツ用品も収納することもよし。
    ここは、これから一体何が詰まっていくのか、家族の未来を想像してワクワクできる場所なのである。

ホーム > 建築事例 > monochromeの家