ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家茅野市

構造:木造2階建/敷地面積:68.76坪/1階面積:25.43坪/2階面積:17.54坪

STORY

  • ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家

    愛着が深まる、一生飽きない外観デザイン

    この道を通る人が思わず目を見張る「かっこよさ」を大切につくりあげた外観は、景色を気持ちよく切り取ったダイナミックなデザイン。
    ツートーンカラーで上下をわけた、スタイリッシュな外観だ。

    通りから見える家の顔は、色と素材を3種類に絞ってバランスよく。
    今だけでなく、これからもずっと、かっこよく住むための飽きないデザインに。
    縦にスッと施した、大胆な羽目板張りも目をひく。
    ちょっとした軒の裏にも木を貼り、ディテールまで繊細に仕上げた。
    光の当たり方によって表情を変えるため、朝日と夕日でまったく異なる家のようにも見え、その美しさは毎日のように目を楽しませてくれる。

    かっこよく。暮らしやすく。
    飽きのこないモダンなデザインで、住むほどに愛着が深まる外観となっている。

  • ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家

    仕事に集中できるワークスペース

    ご自宅が仕事場となるご主人のためにつくったのは、明るいワークスペース。
    暮らしにメリハリをつけるために、住居エリアと仕事場を明確にゾーニングした。

    仕事関係のお客様を迎える入口付きの土間スペースは、まるでカフェのような空間だ。
    訪れる人にいつでもオープンなその空間は、お客様のポジティブな生き方を反映したかのような明るい場所。

    またご家族用の玄関とは異なる出入口を設けているので、一緒に暮らすご家族に気兼ねなくゲストを迎え入れることができる。

  • ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家

    ライフスタイルに合わせた動線計画

    玄関から洗面台へと続く、帰宅後に必ず通る場所にクロークを設置。
    小物を置いたり、上着などをかけたりできるスペースをつくった
    これは「帰宅したらリラックスしたい」「出かける前に必要なものをすべて揃えられる場所が欲しい」というお客様のライフスタイルに合わせて設計された動線。
    ウォークスルー型の大容量ファミリークローゼットもすぐ隣にあるため、お出かけの準備や帰宅後の動きをスムーズに完了できる設計となっている。

    季節外の衣類は2階のウォークインクローゼットにしまっておくことも可能。
    収納場所と動線の美しい関係により、メリハリのある暮らしを実現している。

  • ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家

    大きなグリーンも置ける開放感。メリハリのあるLDK

    天井まである高さのハイドアを開けると、目の前には光あふれる空間が広がる。
    23帖の大きなLDKには、吹抜けから陽の光が差し込み、空間が照らされている。
    圧倒的な開放感により、大人の背よりもずっと大きなグリーンを置くこともできるのだ。

    また自然の光をコントロールしているのもこのLDKの特徴で、太陽の光が多く入るスペースの奥には、意図的に暗めで落ち着けるテレビスペースを設けるなどした。
    部屋に光でメリハリをつけることで、リビングに開放感と落ち着きの両方をもたらしている。

    ただ広い空間にするのではなく、ご家族がゆったりと落ち着ける空間にするために。
    光や空間に緩急をつけて居心地をよくする建築士のその技は、まるで舞台を成功に導く演出家のようである。

  • ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家

    家族が住んで完成する「引き算インテリア」

    LDKは、飾りすぎない「引き算インテリア」。
    モダンテイストで統一された、時が経っても飽きのこないデザインだ。

    基本となるホワイトに、アクセントウォールのグレー。
    スタイリッシュな黒いキッチンに、ご家族お気に入りのウッドパネルがよく映える。
    フロアには、くすんだ色合いのアカシアの無垢床を使用。
    さまざまな大きさの材をこまかく組み合わせることで、遊びゴコロと個性をプラスしている。

    心地よさとは、まさにこういうこと。
    ひとつひとつには大きな個性とこだわりがありながら、全体でみるとすっきりと心地よい。
    色と、素材の質感。そしてそれらの組み合わせにより、絶妙なバランスで抜け感のある雰囲気に。
    ここに暮らすご家族が入り、はじめて完成するための、引き算のインテリアがここにある。

  • ゾーニングで叶える快適空間 暮らしと仕事が共存する家

    全館空調Airflow+FANで、どこにいても快適

    この家の心地よさを実現しているのは、サンプロ独自の全館空調システム「Airflow+FAN」。
    寒冷地仕様床下エアコンが建物を基礎から温め、熱分配ダクトファンで2階まで空気を循環させ、家中を均一な温度にしている。

    大きな吹抜けが印象的なLDKでも、その働きはしっかりと機能し、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができているのだ。
    またエアコンを床下に配置するため、生活感が出ずスタイリッシュな空間を演出している。

    機能性が高く、家の意匠性にも配慮。
    家族が一緒に過ごす空間を、性能面でも心地よく支えている。

ホーム > 建築事例 > 土地の個性を活かす、美しい景色をつくりだす家