DESIGN A LIFE
DESIGN
A
LIFE!

02
WORKS&VOICE建築実例・お客様の声

VISIT A LIFE

vol.19ミニマルだから映える素材
余白が心地よい大空間の家

Produced byNoriyuki Katagiri × Tomomi Kamijima

窓の位置など水平のラインがそろい、すっきりとスタイリッシュな印象の外観。
VIEW MORE

vol.18ふるさとの風景に
受け容れられる家

Produced byYuki Kamakura × Tomomi Kamijima

ご主人のご実家の田んぼに囲まれT邸は建つ。南向きの窓には安曇野の大きな空が映る。
VIEW MORE

VIEW ALL

03
MODEL HOUSEモデルハウス

04
STAFFスタッフ

平石 功

建築士

Isao Hiraishi

上條 健二

建築士

Kenji Kamijyo

熊倉 昭子

インテリアコーディネーター

Akiko Kumakura

上島 友美

インテリアコーディネーター

Tomomi Kamijima

市川 晴樹

設計士

Haruki Ichikawa

鎌倉 裕樹

建築士

Yuki Kamakura

清水 蓉子

インテリアコーディネーター

Yoko Shimizu

片桐 憲之

建築士

Noriyuki Katagiri

庄村 ゆかり

インテリアコーディネーター

Yukari Shoumura

森川 真樹

建築士

Masaki Morikawa

岩橋 美幸

インテリアコーディネーター

Miyuki Iwahashi

松本 明樹

建築士

Aki Matsumoto

漆原 亜矢子

インテリアコーディネーター

Ayako Urushihara

山本 博

建築士

Hiroshi Yamamoto

倉科 美和

インテリアコーディネーター

Miwa Kurashina

VIEW ALL

05
CONCEPTコンセプト

title
title
title

Fun to Live

好きな人と好きなものに
囲まれて暮らしていく
それだけで毎日が幸せ

自分らしく生きること
それは美しいこの信州を愛していくこと
私たちの暮らしは深化していく

08
WORKS施工事例

暮らす人のセンスを映し出すシンプルモダン、開放感と機能性を両立した家

暮らす人のセンスを映し出すシンプルモダン、開放感と機能性を両立した家

松本市

外観のシンプルなルックスはご主人の希望。
壁面はグリーンを基調とし、ブルーにも見えるような絶妙な色合いが美しい。
木々の緑に、空の青。外壁に映し出されるのは、そんな信州の景色である。

壁面に相性よく使われているもうひとつの素材が、杉の羽目板。
軒裏にまで使われた木材が抜け感をつくり出し、気持ちのいいコントラストを描いている。

玄関の上は2階の床を少し張り出させ、立体感をプラス。
オーバーハングした佇まいが外観をより印象的にしている。

VIEW MORE

VIEW ALL

敷地条件を最大限生かした 明るさと眺望が広がる家

敷地条件を最大限生かした 明るさと眺望が広がる家

松本市

家とは、未来を描くための自分たちへのプレゼントだ。
こうありたいと願う意志を包み込むためのベースであり、キャンバス。

その点から言うと、この家は家族の想いを描き出すにふさわしい外観を持っている。
立体的な構成は、黒板のように深いグリーンがベースカラー。
チョークのようなウォームホワイトがアクセントに配色され、杉の羽目板との調和も美しい。
少し離れた場所から眺めると、植栽となじむ落ち着いたカラーバランスが印象に残る。

象徴しているのは、家族みんなが「それぞれの夢や理想を大切にしていく」というやさしい気持ち。
唯一無二の世界観を持つこの家で、チョークアートのように自由なマインドを描いていく。


VIEW MORE

VIEW ALL

美しい眺望と中庭。季節の移ろいを感じる家

美しい眺望と中庭。季節の移ろいを感じる家

安曇野市

一見すると平屋のようにも見える、片流れの美しい屋根。
斜めのラインは空間を気持ちよく切り取っており、この家の在りかたを象徴する佇まいだ。
西側にあるのは、家族が並んで絶景を眺められる広い縁側。
この屋根のかかった縁側から見える常念岳は、この上なく贅沢な時間を与えてくれる。

信州の風を肌に感じながら、雄大な景色に見惚れる。
のんびりと幸福な家族の顔が、隣にある暮らし。
自然と共に季節を移ろうこの家は、何年経っても変わらずに、心のすみずみにまで豊かな風を送り込んでくれるだろう。

VIEW MORE

VIEW ALL

住まい手も愛犬も優雅に過ごす 愛すべき個性のあふれる家

住まい手も愛犬も優雅に過ごす 愛すべき個性のあふれる家

長野市

この家に一歩足を踏み入れれば、そのラグジュアリーな和モダン空間に、誰もが思わず目を見張る。
玄関で出迎えるのは、大谷石の質感ある壁と、美しく繊細な組子細工の障子。
その隣にあるLDKへと続くガラスを木枠で囲った戸を引けば、ヴィンテージチークの無垢床が印象的なダイニングが現れる。
美しい木目を反射するキッチンを左手にとらえながら進むと、黒タイルが贅沢に敷き詰められたリビングに。
ブラック×ホワイトにまとめたインテリアに、美しい模様を描くエコカラットの壁や杉板が映えている。
空間に優美なアクセントを描くのは、照明やアイアンの手すりといった、ひとつひとつ丁寧な過程を経て選ばれたアイテムたち。
見た目も手触りも異なる素材が見事に融合し、それぞれの芳醇な個性が活かされた、極上の大人空間に仕上がった。
VIEW MORE

VIEW ALL

安曇野の自然を望み ゆるやかに家族がつながる家

安曇野の自然を望み ゆるやかに家族がつながる家

安曇野市

安曇野市の主要道路は、かの北アルプスと並走するようにのびている。
この土地に住む人々は昔から、朝日が北アルプスを照らすと共に一日をはじめる日々を送ってきたのだ。

そしてこの家は、その愛すべき北アルプスをいつでもLDKから眺められる家だ。
キッチンで料理をしながら。
ダイニングで朝食をとりながら。
家族でソファに座りながら。
日々のふとした瞬間に「美しい北アルプスを望むことができるように」と工夫された空間演出は、建築士からこの家に住む家族への贈り物。
さらに吹抜けや南側の壁には窓がたくさん設けられ、広々とした空間はあたたかな光であふれている。
これは、この土地のおおらかな自然を一身に感じながら毎日を過ごせる家。
学び、遊び、笑い、眠る。そしてまた一日をはじめるのにぴったりな、そんな家となっている。
VIEW MORE

VIEW ALL

「北欧×日本」がつくりだす、心地よさにこだわった家

「北欧×日本」がつくりだす、心地よさにこだわった家

安曇野市

この家のテーマは、北欧デザインと和の要素のかけあわせ。
北欧デザインは、長く厳しい冬を心地よく過ごすために生み出され、職人たちへの尊敬と自然への愛情を感じるデザインとして知られている。
そんな北欧デザインに日本らしさを掛け合わせたインテリアスタイルは「ジャパンディ」とも呼ばれ、近年注目されているインテリアスタイルだ。

明るい太陽が差し込む吹抜け。
ポイントカラーとして映える、エレガントなゴールド。
見せる収納の棚に使われた、素朴なタモ材。
グレイッシュの塗装をかけたオークの床。
真っ白な壁をくり抜くようにして生み出された、ギャラリーにあるような飾り棚。
職人がつくった、オリジナルデザインのテレビボード。

そのどれもが、あたたかくおおらかで、
なおかつスタイリッシュ。
ものづくり文化に誇りを持ち、自然と共に生きてきた私たち日本人が愛着を感じるインテリアだ。
北欧テイストと日本の感性が入り交ざり、洗練された空間に仕上がっている。
VIEW MORE

VIEW ALL